死に逝く君、館に芽吹く憎悪 その1(ノーマルエンド)

2016年7月発売枠・その2は、バグシステムより「死に逝く君、館に芽吹く憎悪」をチョイス。
今どき(CLOCKUP以外で)こういうゲームって珍しい気がする。
だって、公式ジャンルが「血と涙と暴力と拷問と虐殺と愛と感動のADV」だもの!

姉妹ブランドに「ぱれっと」とか「スミレ」とかがいるのが関係しているのかどうかはわからないけど、絵柄はあまあまな萌え絵タッチ。
なのに、サンプルCGの血糊率が8割越え。
これってギャップ萌えになりませんか!?
(ちなみにゴスロリ度も9割越えです!)

---

「人類の上位種族」の登場によって為す術なく壊滅させられた人間社会。
その最中、自暴自棄になった主人公・美亜は、上位種族の男に一矢報いようとし、しかし返り討ちにあう。
男の不興を買った美亜は、ただ殺されるのではない、「万死に値する罪」を背負わされてしまうのだ。

美亜が助かる道はただ一つ。
不老不死にすら思える上位種族の男を、その手で殺すことのみだった。

---

ということで、死んでも生き返る魔法っぽいのをかけられた主人公が、1万回殺されちゃうゲームです。
ループを繰り返すうちに、いろんなサブヒロインが出てきて、いろんな死にざまを見せてくれちゃいます!
でも、生き返るのは主人公だけっていう。

現在の進捗度は、エンディングを3つ回収したあたり。
永遠生ちゃんと一緒に生きたまま食べられちゃうバッドエンドと、焼肉にされちゃうバッドエンド。
それと、愛夢ちゃんに殺されたフリして、館から逃がしてもらうノーマルエンド。

こっから先の展開は、なんとなく予想がつく。
なんだか本当に「愛と感動のADV」になりそうな予想が!
まぁ予想でモノを言っても仕方がないので、シナリオ関係のお話は次回以降の記事で。

---

私のお気に入りは、ロリ貧乳な夏花ちゃん絡みのエピソード。
自分が人殺しするのが怖いからって、主人公を銃で脅して包丁で殺させようとするとかね、ぐう畜具合がたまらないです。
友情を裏切っておきながら自己正当化しちゃうよーな、生き汚い女の子がとても好き。
ルサルカ(Dies irae)とおんなじ魅力を感じちゃいますって!
最後は臓物ぶちまけて死ぬあたりも似てるかも!

でも、心々乃には萌えないんだよなぁ。パンク少女が趣味じゃなかったから?
それとも、迎合するばっかりの心々乃からは「信念」が感じられなかったからかな。

そんなサブヒロインたちと比べると、美亜の主人公っぷりが際立ってくる。
美亜ちゃんマジヒーローだよ、カッコイイもん!
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
死に逝く君、館に芽吹く憎悪
genre
ゲーム
theme
レビュー・感想

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/978-c5363040