アマツツミ 第一話(こころルート)

夏休み&夏のボーナス激戦区の2016年7月発売枠の一つは、パープルソフトウェアより「アマツツミ」をチョイス。

それに合わせて、パープル前々作「ハピメア」も「ヘンな妹がいる!」枠として崩しておいたので、興味があれば(かつ、ハピメアファンでなければ)ぜひご参照を。
ちなみに、今作「アマツツミ」とは違うシナリオライターなので安心。
一緒だったらキャンセルしてたところでしたね!

---

言葉で人を操れる「言霊」使いな主人公は、隠れ里を出て、人里で暮らすようになる。
「他人」と触れ合ううちに、今まで私たちが歩いたり喋ったりするのと同じ「当たり前」の感覚で使っていた「言霊」の力の、本当の意味に気づいていく――
というお話っぽい。
いちおうケータイがあったので、時代は平成のはず。

ちなみに、アマツツミを漢字で書くと「天津罪」となる。
狭義では「天の罪」、すなわち古事記においてスサノオがアマテラスを引きこもらせるに至った、天界で犯した罪のことらしい。
この作品においては、主人公(ら)「人ならざる者が犯した罪」ということになるだろう。

このゲームは、ヒロインごとの章立てで構成されている、いわゆる「一本道」系。
それぞれの章に選択肢があり、そこで個別ルートに入ればその章でエンディングとなり、入らなければ次章へと続いていく。
「G線上の魔王」「穢翼のユースティア」と同じタイプかな。

---

ということで、1章で攻略できるのは、妹枠・天真爛漫系ヒロイン、織部こころ。

見た目だけで言うなら、妹枠は明らかにほたるんなんですけどね?
公式HPでほたる(と、万一を考えて、いちおう響子)のキャラ紹介をクリックして、「なんだ、このゲームには妹は出ないのか……」と落胆したところで、こころんに妹枠が割り振られていたというまさかの逆転劇!
ちなみに、そのほたるんがメインヒロインのようです。

こころのCVは、秋野花。
最近だと、パーフィル(ワールド・エレクション)でお世話になりました。
舌っ足らずでロリ系のこころんの声は、愛嬌があってとても好き。
なんだか秋野花に桐谷華みたいな魅力が出てきてますね!?

こころルートは、寝食を確保するためにテキトーに使った「僕はこころの兄だ」という言霊について。
もちろんスポットが当たるのは、「ど、どうしよう……妹なのに、兄さんのコト好きになっちゃったみたい……兄妹でこんなのイケナイコトなのにぃ……!」な角度からですよ!

---

「兄と恋人になりたくなってしまった妹」の苦悩を見ていられなくなった主人公は、「家族」と「恋人」を天秤にかけ、言霊を解除することを選ぶ。
しかしそれは自分の軽率な行為そのものを反省したわけではなく、好きな女の子を苦しませている重みに耐えきれなくなっただけ。
だから、真実を打ち明け、こころの気持ちを試すのだ。
それが現実逃避でしかないに気付いてはいたけれど、それ以上に良い選択肢は選べなかった――
そう自分の狭量さを責める主人公を、こころは持ち前の優しさで包むのだった。
関係が嘘だったとしても、紡いだ絆は本物だったから。

---

と、たぶんこんなお話なんだけれど、こころも(プロローグでのあずきも)「人の心を操る」「人の心を試す」という行為について責めることはない。
それがちょっとモヤっとするかも。

たしかに、この「二人は晴れて恋人同士になれました」なオチが着くことは、予定調和ではある。
だから私がこんなことを言ってもしょうがないのかもしれない。
それでも、その本音に甘えちゃうのは、シナリオライターとしてどうなんでしょうか。
こんなの、採用面接で志望動機を聞かれたときに「お金がほしかったから」「っていうか、受けてるの御社だけじゃないですけど?」って言っちゃうようなもの。
こういうのをご都合主義って言うんです。やっぱり建前って大事かも!

あと、こころんが「兄妹関係」をどう受け止めているのかが、よくわからなかった。
たしかにシナリオの方向性は「兄妹での禁断の恋」なんだけど、Hシーンから背徳感が伝わってこない。
というか、あっさりHしすぎじゃないですか!?

いや、部屋着で主人公の部屋に来たこころんをいじいじしちゃうシーンからは、背徳感がどばどば溢れていた。
でもあれは(なぜか!!!!)Hシーンじゃなかった。
だからやっぱりHシーンからは背徳感が伝わってこないんです!

しかしまぁさすがのパープル、そのHシーンがヤバい。
全シーン使える。ヤバすぎ。死んじゃう。
こころんの肉付きのよさったら、もう!
逆さ撮りの一枚絵のインパクトには感動すら覚えちゃいました。

なので私は「そっか、兄妹って恋人になれないだけで、エッチするのは普通なんだった!」って気づきました。
日常シーンでも、こころんのかわいさが炸裂していたしね!
ああ、私も妹がほしかった……。

こころシナリオ単体で評価するなら、☆3くらい。
シナリオゲーと考えるには惜しいところはあるけれど、萌えゲーとしては良シナリオだったかな!
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
アマツツミ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/975-1eef65ae