蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 1~3話

視聴はたぶん2周目。
そういえば記事にしてないじゃん! と気づいたので、ブログを拡充します。



#01 航路を持つ者

対ナガラ戦、伊401(イオナ)と千早群像の出会い、横須賀から「振動弾頭」をアメリカに輸送することになる経緯。
原作のマンガでは、群像の父・翔像の扱いがもっとダークだった気がしたけど、その辺りはあっさり。

制海権を完全に「霧の艦隊」に握られた人類と、その停滞した現状を打破する「力」を求めていた群像。

「私たちは兵器。命令のもとに戦う、ただそれだけの存在。だから私たちは命令を欲している」
「401、お前は俺の船になれ」


そーえば、学校の友達がイオナに乗るようになる経緯ってどっかで語られてたっけ?
とりあえず、冒頭のvsナガラでの、イオナの気の抜けた「きゅーそくせんこー」がかわいすぎる

#02 嵐の中へ

横須賀への道中での、対タカオ戦。
最初で最後の「凛々しいタカオ」が見られる回かもしれない。

相手の行動を読んでいるつもりが、実はその裏をかかれていて、その窮地を脱したところで更に相手の裏をかく――
という展開は、バトルモノとしては王道の展開。
なのにこれだけアツイのは、まさにアニメーション作品の本領発揮といったところですね!

しかし、メンタルモデルとか言ってかわいいオンナノコを乗せちゃうとか、霧の艦隊もやることがズルイ。
そりゃ群像じゃなくったって、あんなかわいい子が乗ってる船を沈められるわけがないじゃないですか!

「人間というユニットを乗せていれば、あんな戦術も可能なんだ……」
「あのユニット、私も欲しいな」


#03 要塞港、横須賀

横須賀に入港し補給を受ける401と、401を取り巻く政治的背景について。
ラストはキリシマとハルナとの戦闘をヒキに、エンディング。
刑部蒔絵の初登場回でもある。

一応メインは、海軍墓地での「コピーによる劣化が不可避の増殖システムを活性化し多様性を維持するための不確定性ノイズ」についてのお話と、政治的エライ人との「401に乗る覚悟」のお話かな。
こちらはさほどの感慨はなし。

私にとってのメインは、コンゴウとマヤのお茶会。
コンゴウの言う「メンタルモデルの存在意義」と「戦力と戦術の違い」については、なかなか説得力があるような気がします!

「かつて我々は圧倒的な力で人類を追い詰めた。しかし、人類の技術が同等だったら、戦術という概念を持たない"霧"は敗れていただろう。では"霧"が戦術を持つためにはどうしたらいい? 答えが"これ"だ」
「肉体のもたらす限界が思考を産み、思考は自我を形成する。自我の獲得と同時に我々は時の概念を得て、未来を予測することを知った。戦術の誕生だ」

関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
蒼き鋼のアルペジオ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/967-c22190a6