ハピメア 景子ルート

ハピメア、2周目の夢は、平坂景子嬢。
公式のキャラ紹介、「血統書付きロックンローラー猫」は、まさにその通り。

CVは、青葉りんご。
ダウナー系ツンデレボイスな青葉りんごは初めてだったかも。
この演技の幅は素晴らしいよね!

景子ルートは、人慣れしない猫のような彼女の望みにスポットが当たる。

---

理事長の姪であり、政治家を父に持つ彼女は、本物の「イイトコのお嬢様」。
そんな家庭と、人付き合いの要領の悪さのせいで、彼女は周囲から敬遠されがちだった。
彼女自身は、周囲から望まれた通りに生きてきたはずなのに、世界は決して彼女の望んだようになることはない。
それに対する反発から自暴自棄のような行動が目立つ彼女からは、さらに人が遠ざかる。
それならそれもよしと、彼女は自ら孤独を望むようになっていった。

しかし、仲間と呼べる友人たちや、恋人になりたい異性ができたことで、彼女の願いは変わっていく。
いったん人と触れ合う温かさを知ってしまえば、もう孤独だった夢には戻れない。
そうして彼女は、不自由で、けれどもそれが温かい現実を望むのだった。

---

こうやってあらすじを書いてみると、なんだかとってもありきたりなお話だった。
平坂父のくだりとか、茶番でしかなかったしね。
ただ、景子ちゃんの、女の子としての魅力を引き出すシナリオとしては悪くなかった。
景子ちゃんってば、知り合って即エッチOKな雰囲気出してくるくせに、基本ジト目だからね。
付き合ってなくてもエッチさせてくれるし! もーいじらしいったら!

さて、どうやらこのゲーム、原画師が二人いるっぽい。
「景子・咲」と「弥生・有栖・舞亜」で分担ですね。
私、景子と咲の絵のほうが断然好みです。

そして、景子ちゃんはこのゲームで一番かわいい。
貧乳(設定)だし、ツインテだし、しかもそれが左右非対称だし!
なんですかね、ハサミ男にでも襲われて、右のテールは切られちゃったんですかね?
この不安定さが、彼女の儚さの表れなんだと私は言いたい。

まぁこのおっぱいで貧乳とか、おへそでお茶が沸いてしまいますけどね!
だってたぶんDカップくらいはあるよ?
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
ハピメア

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/960-f79103b6