この青空に約束を― 「約束の日」+茜ルート

約束の日。
いつか必ず訪れる、別れの日。

修了式の後の、卒寮式を描く。
ヒロインルートそれぞれの、共通のエンディングでもある。
内容は、ヒロインたちのそれぞれの「別れの受け入れ方」と、卒寮証書授与という「別れの儀式」という、15分ほどのショートストーリー。

凛奈が初めて寮に来たとき、主人公は「絶対にお前を泣かせてやる」とか啖呵を切っていたよね。
当時の凛奈ちゃんみたく、私も「なに言ってんのコイツ、バッカじゃねえの?」と思っていた。
それでいてモニター越しでこれなんだから、もし私がつぐみ寮生なら号泣してたかも。いやぁあぶなかった。
なるほど、この作品が「泣きゲー」枠な所以は、ここにあったんですねえ。
素晴らしいエンディングでした。



サブヒロインな三田村茜ルートは、その後に開放される。
「誰とも結ばれなかった世界」での、次の夏の話。

やたらキンキンうるさい茜ちゃんのCVは、涼宮琉那こと夏野こおり。
なるほど、言われて気がつく。
この人の演じる女の子を攻略したときには、毎回この感想を言っている気がします。

---

茜ちゃんのお話は、凛奈ルートでの「合わなかった合わせ石の行方」の伏線を回収する。
とは言え、ほんのり匂わせてくるだけで、主人公が気がつく前にエンディング。

普通なら、兄のリアクションだとか、同窓会だとか、そういうシーンも入ってるもの。
もちろんそっちのほうが完成度は高いんだろうけど、このさっぱり感、そろそろ暑くなってきつつあるこの季節には、とっても心地よいですね!

1Hしかないサブヒロインとは言え、「キャラ萌えゲー」の体裁は崩していない。
というか、ロリっ子が母性に満ち溢れてるって、もう私のドストライクなんですけどね!
どこぞの駆逐艦かと思いましたよ?
ボロボロな浴衣の一枚絵には、トキメキを感じちゃいましたって!

ところで、他ヒロインルートで守れていた「約束」が、今回に限って守れなかったのはなんでなんですかね?
恋するパワーは百億万馬力だった! そういうことなんですか?

次回、総評。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
この青空に約束を

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/956-e7949e5d