この青空に約束を― 凛奈ルート

ギャルゲーマーなら嗜んでおくべき「歴史」に触れようキャンペーンが開催されました。(なんでっ!?)
ということで、第一弾には、こんにゃくこと「この青空に約束を―」をチョイス。
初出は2006年。もう10年も前のゲームなんですねぇ。
ちなみに戯画作品に触れるのも初めてだったりします!

---

人口数千人・全校生徒100人・寮生6人という小さな島での「年度末には廃止が決まっている学生寮」で過ごす、少年少女たちの物語。
なんだか「そして明日の世界より――」っぽい?

まず攻略したのは、ツンデレな問題児・沢城凛奈から。
……またこういう子をツンデレと言ってしまった。いや、もういいかこの話は。

CVは河合春華こと、こおろぎさとみ。
CLANNADの汐とか、クレしんのひまわりとか、トゲピーの声の人らしい。
通りでずいぶんとロリロリしい声をしているハズだった。
でも、このおてんば娘な凛奈ちゃんにはよく似合っているよね。

---

そんな凛奈ルートは、導入部からの、彼女の「他人を拒絶する殻」をどう破り、どう仲良くなり、そしてどう別れの時を迎えるか――というお話。
この物語の設定を最大限活かした、表のメインヒロインである。

凛奈ルートの感想を一言でまとめるなら、「シナリオが贅沢なキャラ萌えルート」。
テーマもあるし(ネバーランド)、骨格はしっかりしてるし、起きるイベントも考えられてる。
でも、テーマを偏重せず、女の子の魅力を伝えることを重視しているようだった。
おかげで凛奈ちゃんがとってもかわいかった。
自分から後輩の相手を頼んだくせに、ちょっとでも仲良くなっちゃうと一気にヤキモチ焼いちゃうとことか!

「彼氏は、いつでもたくさんの人と繋がってる…。でも彼女は、彼氏を介してしか、人と繋がれない」
「彼女の、彼氏と繋がれない時の寂しさ…わかって、ほしいな」


主人公は、自分に浸ってるっぽくてクサかったよーな気がしなくもない。
まぁ私が言えたことでもないのか!
しかし「運命の人」のくだりは正直油断してた。合わないんかい!ってマジツッコミした。おもしろかった。

個人的にちょっと気になったのは、彼女の陸上選手としての設定。
島に引っ越してくる前はどうしてたのかなーって。そういう話、全然なかったよね。

あとは「本番に弱い」彼女の小心者なところをもっとアピールしてきてくれてたなら、「こいつには俺がいてやんなきゃ」感がもっと出てきて、エピローグがもっともっとすばらしくなったような気がします!
あれ、もしかしてビビりな凛奈ちゃんって、主人公に化けたオバケを鉄パイプで殴りつけちゃうところに現れてたの?
辱めの刑にあってる凛奈ちゃんは健気かわいい!!
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
この青空に約束を

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/950-618ed0de