乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque- りそなルートアフター

りそなアフターは、目に見えていた壁を乗り越えて「人生イージーモード」(りそな談)に突入したように見えた彼女たちに振りかかる、どこにでもある困難についてのお話。
中身は「りそな、スランプのワケ」と「初めての晩餐会ホスト」の二本立て。

とは言ったものの、ゴスロリ服がいきなり完売しちゃうのは、やっぱり人生イージーモードっぽい?
好意的に見れば、人見知りだった彼女が、あえて他人と交わることで成長しました! というエピソードなんだろうけど。
デザイナーとしてのりそなの未来が明るいことを示唆するなら、完売までさせる必要はなかったよーな。
それより、ミリロリンデ様が全然悪くなかったと思いますので、そっち方面で「仲間」になるようなエピソードのほうが明るそうです!

クリスマスコレクションのくだりは、うん、悪くない。
一枚絵があるのはりそなだけなんだろーなーと思っていたら、みんなの分あったからね!
でも、もうちょっとじっくり見たかったような? ちょっともったいない使い方かも。
ちなみに、個人的な好みですが、私はルナ様のデザインが一番好きです!

---

あんなに小さかった妹が、こんなに大きくなっちゃって……という兄心をくすぐるアフターストーリーとしては、十分なクオリティ。
乙りろグランドエンドにふさわしい、盛りだくさんな内容だったと思います。
衣遠兄様と駿我さんの確執とかとか、まだまだ問題はあるけれど、それもうまくいきそうな気配をほのめかして終わる。
少なくとも、本編りそなルートのようなご都合主義感はかなり薄くなっていました!
りそなアフターを個別評価するなら、☆3つくらいはいけそうです!
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
月に寄りそう乙女の作法

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/946-5b185668