ハナヒメ*アブソリュート! シナリオ&バトル体験版

5月発売予定を8月まで延期した「ハナヒメ*アブソリュート!」。
怒った私は前作「ティンクル☆くるせいだーす」をプレイしたのですが、それでも待ちきれなかったので体験版とかやっちゃいました。
なので、この記事はハナヒメ発売までトップに表示されます。

---

ゆるーい世界観にアツいバトル! というクルくるのスタンスは継続中。
その魅力溢れるオープニングムービー (Youtube) は、一見の価値あり。

OPの監督は、神OPが伝説のジブリール4をはじめ、グリザイア、クルくる等を手掛けた渡辺明夫。
この人のセンスほんと好き。

そんなゆるゆるなハナヒメ世界では、ソシャゲのプロゲーマーでご飯が食べられちゃって、ゲームのAIキャラがバーチャル・リアリティ・システムで現実に出てきたと思ったら、なぜか仮想世界に戻れなくなっちゃって、さらに主人公と住みはじめて、おまけに一緒に朝ごはんまで食べちゃうんです。
うん、もうこれでいいよねっ♥

このゲームのウリは、通常の学園ADVに加え、ゲーム内でのバトルがミニゲームになっているところ。
単純なミニゲームなんだけど、キュートなキャラがド派手かつ爽快に戦っちゃうハナヒメバトルは、やっぱりハマっちゃいそうです。

ちなみにこのバトルシステム、シナリオ体験版では未完成気味。
バトル体験版なら、なんとかストレスなく遊ぶことができそうでした。

---

さて、シナリオ原理主義者な私は、評価基準のざっくり半分以上をシナリオに割り振っています。
なので、前作「クルくる」だって☆3(良作)という、なんともビミョーな評価。
そして明らかにシナリオゲーではない今作「ハナヒメ」も、私の評価だとおそらく良作か、よくて秀作くらいな雰囲気。
なのにめっちゃ楽しみなんです!

この矛盾をバイクに例えるなら、
「Ninja250? 170kgあって31馬力でしょ? NSR250Rなんて150kgで60馬力出るんやぞ! 2st最高、オイルよ飛び散れ!」
みたいな、90年代の規制前モデルこそが正義だと言っているようなもの。
けど、それはサーキットみたいな狭い世界での話。
実際、イマドキの新しいバイクってメンテはラクだし乗りやすいし、そしてなにより見た目がカッコイイ!!
こういう魅力が「ハナヒメ」にはあるわけですねえ!
(この例え、伝わってるのかな?)

とにかく、ピンク髪ヒロイン最高! 猫屋敷メアちゃんを私だけの花姫にして、思いっきりイチャイチャしたい!
そういうことで、「ハナヒメ*アブソリュート!」応援しています。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
ハナヒメ*アブソリュート!
genre
ゲーム
theme
美少女ゲーム

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/939-d90f1e78