紅 kurenai 1~3話

神作アニメに昇格しようか検討中の「電波的な彼女」と世界観を共有するのが、この「紅」だ。
あまり評価が高くなさそうだったから見送っていたのだけれど、「電波的な彼女」が何度見ても面白すぎるから、こっちも見ることに。



第一話 「極夜」

高校生兼もめごと解決屋である主人公・紅真九郎が、家出した大富豪の令嬢である九鳳院紫を守る依頼を受ける話。
九鳳院家の設定もいろいろ語られるのだけれど、ちょっと詰め込みすぎ&個人名が多すぎて把握できませんでした。

女の子とひょんなことから一つ屋根の下で暮らすようになるって設定は、とても心躍りますね!
私の書いてるお話もそんなのだしね。
「世俗的な成功の延長線上にあるとは思えない」ようなお屋敷に住んでいた紫が、主人公の住む玄関トイレ共同お風呂ナシのアパートをボロクソに言うところには草。

主人公の高校生らしい未熟さも、好感度高い。
依頼主――上司である柔沢紅香に対する承認欲求とか、一度紫を見失ったときに誤魔化しちゃうところとか。
いったん冷静になったら、ミスしたことが恐ろしくなってしまったんだろう。
私も高校生のときはそんなんだったよーな気がするよ。
もう高校生じゃないからね、開き直っちゃうけどね!

そして、家出先から家出しちゃう紫ちゃんのセリフが妙に染み入る。
この子はなにかを紅香に依頼したから真九郎と暮らすようになるはずなのだけど、いったいなにを願ったのだろう?

「泣いてない! お前の前で泣くことはない。
 一人ぼっちもさびしくない。紫は臆病者だったが、いま一人になっても怖くない、さびしくない!
 生きるも死ぬも同じだ。かわいそうな母のように……なにもできないで死んだ母と、私は同じ……!」


第二話 「溝と流れと」

紫のいる日常回。
ちょっと世間離れしている紫ちゃんが、主人公の日常にだんだんと溶け込んでいく。

銭湯での「ありがとう」エピソードはよかった。
紫ちゃんってば、根は素直でいい子なんだよ。ちょっと我が強いだけで!
しかしなるほどね、子供のしつけってああやってやるんですねぇ(真顔)

ところで、1話でも出てきたクラスメイトっぽい茶髪の女の子ね。夕乃ちゃんっていうのかな、あの子はなんなの?

「あ、そーだ! これビーズなんですけどね? こういう丸い形を作るのってすっごく難しいんですよ」
「自分で作ったんですかぁ」
「買ったんです」


もうまるで意味不明です。
主人公への好感度メーターはレッドゾーンに突入してるっぽいですけども、このパターンって「電波的な彼女」で見たことあるよ?
あの時はとっても悲しいことになったから、私はとても心配しています。

第三話 「偽者の顔」

真九郎の日常に侵入してくる紫回。
さりげなく学校に紛れ込んでいる紫にはわろた。
野球部の人は優しかったね! 話は噛みあってなかったけど!

真九郎と紫と夕乃が鉢合わせたときのシーンは、ちょっとスゴかった。
たしかに三者三様に混乱していたけど、なるほど、アニメだとああいう表現の仕方があるわけだね。
ちょっと感心してしまうギャグシーンでした。

そして、夕乃ちゃんはクラスメイトではなく先輩で、主人公は崩月家で住み込みの修行をしていた過去があったらしい。
よかった、夕乃ちゃんへの心配事が少し減った気がします。

しかし、逆に紫ちゃんへの心配事は増えていく。
電車の中での不良とのもめ事になるシーンね。
10年前でもあんなテンプレな不良はいなかったような気がするけど……でも、見て見ぬふりの乗客たちはリアル。
そして主人公もその一員だったのが、私にも衝撃だった。
紫ちゃんが不良たちにブチ切れちゃって、主人公は険悪なムードになりつつその場を愛想笑いでとりなすのだ。
そんな紫ちゃんは、さらに主人公にブチ切れるのだった。

「正しいことをするのに、なにを考える必要がある!」
「謝っとけば済むことだってあるだろう?」
「必要ない! そんなことであんな顔して、恥ずかしくないのか!」
「顔?」
「おまえの不細工な笑顔だ! 無理矢理笑顔なんぞ作りおって……。
 あんな笑顔はおかしい! 笑うのは楽しい時だ! 嬉しい時だ! あんな偽物の笑顔は嫌いだ!」
「おまえにはわかんないよ、いつもいつも自分が正しいと思うことだけやってられないんだ」
「そうやって逃げてるだけだ! 困った時は笑ってごまかすんだ!」
「違う! おまえだって大きくなったらわかるよ」
「お母さまも……あの女の前でそんな笑い方をしていた。
 いやだ、いやだ、いやだ……! あんな顔……あんな顔をして死ぬのは……いやだ……」


紫ちゃんのそれは、単純な幼い正義感だけではないらしい。
自分と一緒にいることが「仕事」だと言う真九郎へのそれと、今度のこれがミックスされて、非常にアブナイ状態になっているようです。
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/935-561982e6