ガールズ&パンツァー 7~9話+OVA

第7話 次はアンツィオです!

二回戦を控えた日常回。
麻子のお婆ちゃんの話と、新しい戦車探し。
っていうか、その辺をちょっと探すと戦車が見つかるってすごい。どうしてそうなった

そういえば、みほの過去の話もちょろっとあったね。
みほは黒森峰時代、チームメイトを思いやった結果、試合に負けてしまう。
それを否定されたことで、戦車道から逃げてしまったようだった。
ありがちと言えばありがちな話だけど、これからの展開としては、その優しさで勝つことで、過去の自分を乗り越えるわけだよね。
えっと、どうなるんだっけ?

OVA これが本当のアンツィオ戦です!

TV版2話分を使った、アンチョビ率いるアンツィオ戦・ノーカットバージョン。
さすがこれだけ尺がある分、個々の戦車にスポットを当てた見どころの多い回です。
やっぱり戦車戦はどれだけ大きな砲弾を正確に命中させられるかが勝敗を分けるわけで、8mm機銃しか搭載してない3tの豆戦車じゃあ流石に分が悪すぎるよね。

ということで、私のお気に入りは、カエサルとカルパッチョの突撃砲同士の一騎打ち。
3DCGがふんだんに使われたこの戦闘は迫力満点。
鍔迫り合いの格闘戦のようなバトルは、スポコン気味にアツいですね!
このアニメはもっとスポコン要素があっていいと思うんです。

ただ、アンツィオのアホの子っぷりは、ちょっとギャグ寄りにすぎる気も。
アンチョビはかわいいんだけどね!

第8話 プラウダ戦です!

準決勝・カチューシャ率いるプラウダ戦、前編。
というか、忘れかけてたけど、これって全国大会なんだよね。
つまり、プラウダ高校も日本の高校で、たぶんカチューシャもノンナも日本人ってことだよね。うぅむ。

今回からはそど子を車長とする風紀委員のカモさんチームが加わり、全6両体制に。
しかし、三回戦からは参加台数が緩和されたので、相手は15両。(敵軍は)圧倒的じゃないか

話の展開は、アンツィオ戦で快勝したせいで調子に乗っちゃったみんなが、相手の罠にハマっちゃうもの。
慢心はダメ、ゼッタイ。
とは言え、包囲されてから教会に逃げ込むまで1両の脱落もないのはさすがの必然力。
それとも、これは全員を土下座させたいカチューシャの策略なのか。

あんこう鍋からの「優勝できなければ廃校」という設定が、ようやく明らかに。
二次元の学校ってしばしば廃校にされそうになってるよね?
とは言え、いつもはテキトーでおちゃらけた喋り方をする杏ちゃんの言う廃校宣言は、重みがすごい。

第9話 絶体絶命です!

プラウダ戦、後編。
包囲戦を仕掛けてくるカチューシャの網を潜り抜け、偶然見つけた敵フラッグ車への一度きりのチャンスを絶対に逃さない。
この回の戦闘シーンは、屈指のクオリティだと思います!
122mmカノン砲に撃ちまくられる八九式のシーンは手に汗握るし、みほの機転とⅢ突のカッコよさったら、もう!

生徒会のカメさんチームは、ようやく杏ちゃんが砲手を務めたおかげで本気を出しはじめた。
杏ちゃんのカッコよさばっかり目につくけど、本当にすごいのは操縦手の柚子ちゃんだと思うんだよ?
初めての雪上であのドラテクはヤバすぎる。一緒にドライブに行きたいです!

萎えかけた士気を上げようとするみほのあんこう踊りは……うん、麻子も言ってたけど、微妙に間違ってる。
でも、画面越しに落ちてた私たちの気分まで変えちゃう(高めたとは言っていない)この踊りは、ひょっとしたらスゴいのかもしれない。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
ガールズ&パンツァー

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/933-63773a2e