ティンクル☆くるせいだーす ナナカルート

2016年5月発売枠の一つには「ハナヒメ*アブソリュート」を選ぶつもりでした。
が、なぜか発売延期。しかも8月って!
怒った私は、前作(って言っていいよね?)の「クルくる」で遊ぶことにしたのでした。

---

「キラキラの学園生活は、流星生徒会におまかせ!」


生徒会会長に選ばれ、バラ色の学園生活を目指そうとする主人公。
しかし「魔族」と呼ばれる謎の存在が出現し、その邪魔をしてくる。
そこで生徒会役員は変身ヒーロー&変身ヒロインとなって、キラキラの学園生活と、あとはついでに世界平和を守るのだった!

ということで、普通のADVパートの合間合間に挿入される、ミニゲームっぽいバトルパートがこのゲームのウリ。
たしかに、簡単・爽快・ド派手! の三拍子そろっていて、なかなか楽しい。

しかし、やっぱりメインはADVで、バトルパートはおまけ。
15時間くらいプレイしたうち、バトルは14回でした。(ナナカルートの場合)

---

まず攻略したのは、幼馴染ヒロイン・夕霧ナナカ嬢。
べらんめえ口調とCVが異常なマッチングを見せる、チャキチャキの江戸っ子です。
ナナカの魅力は、7割が水霧けいとの声。3割が負け犬根性の染みついたヘタレっぷり。

しかしまぁ、とにかく長い。長すぎるよこのゲーム。
昼過ぎに始めて、1キャラクリアしたら朝になってるって、どういうことなの?

これがスリルとサスペンスに満ちた超冒険活劇とかだったら、まだわかる。
なのに、シナリオは「自分の気持ちに素直になれない幼馴染ヒロインと、超鈍感系主人公」っていう王道。ひねりナシ。

まぁね、ナナカはかわいい。それは認めるよ。
だからやったよ。丸一昼夜かけて。
なのに、二人が結ばれてからのエンディングまでが短い。2H3CGって!
ご褒美が少なすぎるでしょ……。

まぁ「楽しい学園生活を目指すギャルゲー」としては、確かに正しい姿なんだけどね。
世の中には、楽しい共通ルートこそ至高! 個別ルートはおまけ! っていう人もいるらしいので、これはこれでいいのかも……?
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
ティンクル☆くるせいだーす

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/920-722ef2fc