フラテルニテ その1(心音エンド、紗英子エンド)

マゴットベイツ、期待以上に面白かったよね。なら、やっぱりこれもやらなきゃね!

ということで、フラテルニテ。
仰げば尊しと、自分の遺影を持った集合写真のOPが心に残るゲームだ。

さて、大体において物語とは「問題を解決する」あるいは「壁を乗り越える」という状況を描くものだ。
そして、読者である私たちは(仮に主人公にはわかっていなかったとしても)「どんな結末を迎えるべきか」という方向性をある程度持って、物語を読み進めていく。

しかし、この物語は、それがまったく見えない。
どうすれば問題が解決できるのかも、どんな結末を迎えればハッピーエンドになるのかも、まったくわからないのだ。
(愛とラブラブエンドは、一つのハッピーエンドだろう。けれど、それは問題の解決にはならない)

---

問題のあらすじは、こうだ。

主人公の姉は、強姦被害に遭ったことで、ひどく心を病んだ。
部屋から出られず、家族にも顔を合わせられずに、一日中自殺願望に取りつかれていた。

しかし、彼女はあることをきっかけに、回復する。
住む町を変え、再び学校へと通い、新しい友人と笑いあえるようになった。

彼女を変えたのは、友愛クラブと呼ばれている団体。
誰もがありのままの自分でいられ、ありのままの欲望をその形で満たせる場所。
彼女は、そこでセックスに溺れていたのだった。
彼女はクラブによって「救われた」と信じ、昔のように笑える今を「幸福」だと信じているのだ。

「救われるって……本気でそう思ってるのか? みんなの前であんなこと……セックスするような場所なのに…!」
「…その人次第でしょ? 白坂君に理解できなくても、お姉さんはそれを救いだと思ってるんじゃないの?」
「それは…あんなの、洗脳されてるようなものじゃないかっ!」
「でも、あなたのお姉さんは元気になった。なのに、それが問題だと思ってるの?」

「でも、このままにしておくことが良いことだとは、俺には思えないんだ」
「お姉さんは今、とても幸せそうだけど?」


救いとはなにか。
どうしようもない現実に呑まれていく彼女たちを、どうすれば救えるのか。

---

現状、プレイ時間は8時間ほど。
心音エンドと、紗英子エンドを回収済み。

紗英子エンドは、まぁ凌辱系エロゲーがちょっと行きすぎちゃったかな? という感じ。
紗英子の言ってることはわかるんだけどね。
他人の中にいる自分と、自分の見ている自分が乖離しすぎていて、その均衡を取るための手段が「自分を貶める」ことだったわけだ。

それでも、さすがにスカトロシーンはスキップしました。
ウンチまみれでエッチするのとか、いったい誰得なんですかねえ……?

いじめられっ子な心音ちゃんエンドは、もうハッピーエンドって言っちゃいます?
ってゆーか、イジメで処女奪われちゃうシーンって、なんであんなに興奮するんですか?
「かわいそうな自分」に酔っちゃうタイプの子だったんだから、救われた後もそういう方向性のシーンがよかったかなぁってちょっと思ったけど。

でも、ラストのイジメっ子に殺されちゃうシーンの迫力ったら、もう!
狂気って伝染するんですかね? ぞくぞくしちゃいましたって!

---

あれ? もしかして、このクソみたいな現実から救われるには、死ぬしかないのかな?
それだけが、本当の救いなのかな? あれえ?

「大智が私のことをまともじゃないって思うのなら、もうそれでもいい」
「でも、それならまともな私って何なの? レイプされて部屋に引きこもって、毎日泣いて、食事もとらないで、自殺する事ばかり考えてるのがまともな私なの?」
「私なんて死ねばよかった?」
――誰もそんな事言ってないだろっ!!
「だったら、もう私のことはほっといて。あんな酷い生活をするのがまともなんだったら、私はまともじゃなくていい」
「まともじゃなくても、毎日が楽しくて、幸せで、笑って過ごせるならそれでいいの!」

関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
フラテルニテ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/919-19cfb323