あけいろ怪奇譚 葉子ルート

あけいろ、4ルート目は妖狐な葉子さんを攻略。
でも、これは葉子ルートとはちょっと違う。
いや、葉子とエッチするし、葉子ルートではあるんだけど、いわゆる「共通ルートバッドエンド」に相当するお話がこのシナリオ。

るりるかルートと同様、今回もいろんな霊に憑かれまくって霊障を起こすことで、朱子解呪の本編からは脱落していく。
しかし、なぜ冒頭でるりるかちゃんは脱いでくれなかったのか?
主人公があんまりるりるかちゃんに構ってあげなかったから、ロリコンじゃないと思われてしまったのか。

---

葉子の狙いは、「ベルベットに主人公の影響を受けさせること」「主人公の霊媒体質を改善すること」の二点。
だから積極的に自分が前に出ようとはしなかったのだね。

ベルベットについては、自殺願望を抱きながら生き続けるという矛盾した現状を、なんとかしたかったから。
主人公については、たぶん主人公が霊的に無防備だったことに気付いていた美里から頼まれたから。
いずれにせよ、思った以上に面倒見のいい人なんだよなぁ、葉子さんは。

しかし、どうしてそうなったのかはよくわからないが、朱子の呪いは美里へと及ぶ。
というか、本当にどうしてそうなったの? 美里が主人公の霊的な避雷針の役割だったのかな?
たぶん美里ルートをやれば、なんらかの答えは出るんだろう。

このシナリオ、平たく言えば駆け落ちエンドなんだけど、その場合に重要なのが、周囲の人間の反応。
その点、このシナリオはほとんど完璧な出来でした。
まぁ佳奈ちゃんと修司のアレは、ちょっとクサすぎたかなぁと思わないでもなかったけど。
でも、主人公が妖怪に変化するところを含め、展開に対する説得力がすごかったですね!
葉子と伊予のシーンとか、センスを認めざるを得ない。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あけいろ怪奇譚

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/905-beb92e5b