甲鉄城のカバネリ 1、2話

第一話 脅える屍

舞台は、江戸時代末期くらいのパラレルワールド。
屍と呼ばれるゾンビから逃げるように、人々は「駅」と呼ばれる街に閉じこもっていた。
その街々を繋ぐのが鉄道であり、その列車の一つが、タイトルにもなっている「甲鉄城」なワケだね。
主人公は、「顕金(あらがね)駅」で蒸気機関の整備工を務めつつ、屍に対抗できる新しい武器を開発している。

舞台設定とか、駅を出入りするときのリスクマネジメントとか、いろいろツッコみたいところはある。
それでも、作画の素晴らしさは特筆に値する。
鉄道が走ってるとこの3Dの使いかたとかね、技術の進歩を感じるよね。

入構しようとしてきた扶桑城が屍に乗っ取られていたせいで、顕金駅はえらいことになってしまう。
無名ちゃんの家来も噛まれちゃうし、主人公も土壇場で新兵器を開発できるものの、こちらも噛まれてしまう。
まさか二話から別の主人公になるのか? とか思ったけど、なんかよくわからないけど、生駒君はなんとかできていたみたいでした。
というか、無名ちゃんカワイイのにカッコイイとかずるくない? 仕込み下駄とかすごい

第二話 明けぬ夜

生駒君はなんとかできていなかったみたいでした。
(ウィルス説が正しいとするなら)脳にウィルスが行ってなかっただけで、身体は浸食されちゃってた感じの。
冒頭の、無名ちゃんのバトルシーンがマジで見ごたえがあるんですが、あまりにカッコよすぎて「コイツ人間かよ?」とか思っていたら、本当に人間じゃなかったね!

「私たちはカバネリ。人と屍の狭間にある者」


主人公の喜怒哀楽っぷりがリアル。
人の役に立ちたいがためだけに新兵器を開発していたわけでもなく、人々が助けるがためだけにレバーを引くわけでもなく。
怒りと、悔しさと、自己顕示欲と、それらがないまぜになった上でのアレだからね。妙に共感できちゃいます
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
甲鉄城のカバネリ

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/903-fe6095fa