ワールド・エレクション ソフィアルート

ワールド・エレクション、3ルート目は悪魔界のプリンセス、ソフィアを攻略。
立ち絵から伝わってくる通りの余裕たっぷりの王者の器を持つ、ちょっとアブナイ悪魔の女の子。

ところで、ソフィアちゃんの垂れ角はめっちゃ掴みたくなる感じに生えてくれてますよね。
おしゃぶりしてくれてる時とかにね、ぐいぐいってしたい。したくない?

さて、ソフィアのCVは、風音。
このチョイスはどうだろう……。他の声優さんでもよかったような……?
いや、ソフィアのしゃべり方があんまり好きくないのは私のせいで、風音のせいではないか。

---

ソフィアルートは、「愛は世界を変える」なお話。

悪魔の世界の政治情勢がよくわからないのですが、たぶん保守派と革新派がいて、旧魔王の娘であるところのソフィアは保守派の旗印なのだろう。だから革新派の目の敵にされている――と。
そういうわけで、蛇悪魔のテロのターゲットにされてしまったんだと思います。
こういうお話はもう少し詳しくやっても……いや、それはそれで退屈だからいいか……。
とにかく、誰かを想う心は弱みにもなるけれど、それ以上に揺るぎない強さをももたらす――と、そんなお話に仕上がっていたようです。

オーラスのモノリス破壊作戦は、エヴァの「瞬間、心、重ねて」を思い出すお話。
シンジとアスカがユニゾンでイスラフェルを倒しちゃうアレね。
感想書く前になぜかもう一度見てました。

ルート序盤のソフィアの求めているものと主人公の求めているものの違いからのすれ違いは、笑えるよーなムカつくよーな切なくなるよーな、不思議な感じ。
ソフィアの立場に立てば、たしかに主人公の煮え切らなさはまったく理解できないものだろう。
けど、そんな曖昧にも思える態度を取っても、きちんと主人公を思ってくれるソフィアちゃんは健気かわいい!
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
ワールド・エレクション

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/889-27f3c6fd