うみねこのなく頃に EP7 - Requiem of the golden witch

第七のゲームは、フェザリーヌとベルンカステルの答え合わせ的な、ベアトリーチェという存在にスポットを当てたシナリオ。

そもそものベアトリーチェ一世は、金蔵に10tの金塊を与えることになる、イタリアから来た少女。
どうして死ぬことになったのかは描写がなかった気がしたけれど、おそらく天寿は全うできなかったのだろう。

ベアトリーチェ二世は、九羽鳥庵で楼座が出会い、崖から落ちて死んでしまった少女。
これは金蔵とベアトリーチェ一世の娘であり、金蔵がベアトリーチェの生まれ変わりとして偏愛した少女である。
第六のゲームでのベアトリーチェ(妹)は、この少女がモチーフか。

そして1986年のベアトリーチェ三世は、金蔵が夏妃に授けた赤ん坊の19年後。
260万分の1くらいの確率で、その赤子は夏妃に受け入れられて「右代宮理御」として成長する。
残りの確率で、使用人として成長し、ある日魔女になる。

---

この理御にならなかったベアトリーチェのことが、正直ピンとこない。
六軒島にもともとあった悪霊伝説と一緒に神性を得たことはわかった。
けれど、実態はどうなっていたのだろう?
ずっと六軒島にいたっぽいことになっていたけれど、ご飯とかどうしていたのかな?
それとも、使用人であることを辞めた日に、人間も辞めてしまったのかな?

6年前の戦人の罪についても、紗音に対するそれとしては理解できた。
が、その恋心をベアトリーチェに移すって、ちょっと意味が分からない。
それよりも、理御になれなかった存在が紗音となり、そのまま恋心を燻らせていたって考えたほうがよっぽど自然だよね。

---

しかし、本編は割とハッピーエンドっぽかったのに、Tea Partyが鬼畜すぎてわろた。
なるほど、このゲームで一番カッコいいのは霧江だ! って力説してた人の気持ちがよくわかった。
縁寿はいつまでも救われない女の子なんだなぁ。
私の不憫萌え属性をわさわさしてくれます!
関連記事

コメント

非公開コメント