うみねこのなく頃に EP5 - End of the golden witch

煉獄の七姉妹で誰が一番かわいいか考えてたら、EP5が終わっていた。

エロゲー的には、末っ子なアスモたんが一番かな? だって色欲な子だし!
ギャルゲー的には、三女なサタンがよさそう。雰囲気ドSだけど実はドMとか、まるでツンデレみたい!
でも、四六時中怒られてたらかなりテンション下がる。豆腐メンタルな私には、ちょっとハードル高い……

なら、長女のルシファーはどうだろう?
2話で嘉音とのバトルに負け、馬鹿にされまくりながら涙目で妹たちに助けを求めてさせられたルシたんの情けなさにはキュンキュンしたよ!

しかし、私の結論は、四女のベルフェゴールちゃんが一番かわいいことになりました。
怠惰を司るベルフェたんにたくさん甘やかされたいのです!
えっ、堕落させられちゃうって? これ以上落ちようのない私に死角などあるものか!

---

今回のゲームは、4話目で戦人に論破されかかったベアトリーチェが脱落してラムダデルタがゲームマスターとなり、ベルンカステルの駒・古戸ヱリカが探偵役となって登場する。
ヱリカが有能すぎ……というか、探偵権限とノックスの十戒が強すぎ。
探偵が調べても見つからなかったから隠し扉は存在しない――とか、一晩中壁の向こうで聞き耳立ててたからアリバイ成立――とか、いろいろやばすぎ。

どうしてベアトリーチェが廃人になっちゃってたのかよくわからなかったけど、とりあえずベルンカステルは夏妃を犯人に仕立て上げることで、魔女幻想を打ち破ることにしたようだった。
夏妃以外が犯人でない真実しか存在しないのなら、猫箱を開けずとも、夏妃が犯人であることが真実になるのだ。
なかなかの暴論に思えるけれど、現実ってこういうものだよね、たしかに。
戦人が「自分が犯人である」説でこれを覆そうとするところでエンディング。

戦人が本当に19年前に崖から突き落とされた赤ん坊だったのかはさておき、私たちが戦人だと思っていた主人公が「右代宮戦人」でない可能性が存在するのだろうか。
赤で「右代宮戦人は犯人ではない」と言われたことがあった気がするのだけれど、もしも戦人が戦人でなかったのなら、主人公が犯人であることだってあり得るのか?
ベアトリーチェは、主人公に「お前は右代宮戦人ではない」ということを伝えるために、こういう謎を用意しているのか。

---

とりあえず、今まで青き真実として許されていた猫箱の中身を、がんがん赤き真実で確定させていくラムダデルタとベルンカステルがだるいシナリオでした。
ものすごく後味が悪いのは、EP6への伏線なのか。
っていうか、ワルギリアがくれた「右代宮夏妃は犯人ではない」の赤き真実が「根拠がないなら無効」って、そんなのアリなの? 根拠も脈絡もいらないから赤き真実だったんじゃないの? いつからローカルルールが適用された?

まぁ「金蔵を書斎から脱出させる方法」でのバトルはマジで盛り上がったけどね。
ベアトから戦人へのバトンタッチのタイミングがすごい。竜騎士テキストの面白さを再確認してしまった。これぞ才能だ。

でもね、黄金の真実ってなに? そろそろ勘弁して。だんだん面倒くさくなっていくよ?
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
うみねこのなく頃に

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/870-c14b9f21