この大空に、翼をひろげて まとめ

シナリオ・テキスト

概ね期待通り。
物語の構成はよく練られているし、ギャルゲーの王道をいくような出来。
ちょっと日常シーンが多いような気がするかなーとは思うけど、やっぱりギャルゲーって女の子との楽しい日常を描くものだしね! と思えば、それも納得。

ただ、テキストにセンスが感じられないのはなぜか。
なにが? とか、どこが? とか聞かれても困るのだけれど、「これなら私にも書けそう!」と思わせるような文章だった。
だからこそ逆に親しみやすいとか、ハードルが低いとか、万人向けとか、そういうことなのかもしれないけれど。
でも、ギャグにはもうちょっと注力していただきたかった。
たぶん、初心者向けエロゲーというジャンルなんだと思います。

個人的には、グライダーというものについてもうちょっとオタクくさい説明があってもよかったように思う。
飛行機の翼がどういう理屈で揚力を発生させているのか、とか、FRPの取り扱い、とかそういう話はちょろっとあったけど、主人公たちが二度の夏をそれに注ぎ込んだ「ものづくり」に、もっとスポットを当ててもよかった。
主翼をいくつかの部分にわけて作って、それをあとでくっつけるのは書かれていたけど、その具体的方法とかさ。
ギャルゲーをやるのはだいたい男性だし、そういう機械的オタク話に親和性が低いとは思わないよ?
毎回「今日もグライダー制作をがんばった」って、小学生の日記じゃないんだからさあ。

シナリオ別評価
  小鳥(☆4)>天音(☆3)>その他

やはりメインヒロインは小鳥。
逆に言うと、小鳥ルートの出来がよすぎて、もう満足してゲームクリアしそうになった。
小鳥は他のルートでもいい子だった。
特に天音ルートでの、主人公の恋の行方を自分のことのように気にしている小鳥ちゃんったら!

グラフィック

文句なしの極上。
女の子の可愛さもさることながら、背景や空模様がとても美しい。
3D動画の使い方もすばらしい。初めて空に上るシーンとか、まるで映像作品みたいだったもの。
力とお金の使いドコロをよくわかっている。

特筆すべきは、おっぱいのエロさ。
違和感を感じがちな大きなおっぱいが、とてもまろびやかに描かれている。
これなら巨乳もアリかと錯覚させるレベル。

Hシーン

初心者向けギャルゲーらしく、女の子はみんなエロい。
一枚絵の美麗さも加え、それなりに実用レベルでは?

音楽・ムービー

OPムービーとボーカル曲のクオリティは上々。
使い方は極上。
個人的には第1OPとエンディングのPerfect Skyのほうが好き。

BGMはふつう。
休憩中にcapsuleのグライダーを聞きたくなります。

システム

スキップがややもっさり気味に思えた他は、過不足なし。

総評

2012年萌えゲーアワード大賞受賞作、ピュアグライダーを飛ばす系青春ADV。
空に憧れる明確な理由はないのに、無意味で無価値に見える結果を追い求めて情熱を注ぐあたりに「青春」が見える。
それが、好きになるってことなんだろう。

全体の完成度は高い。
ただ、そのせいでエンドロール後がやや蛇足になりがちな気がしなくもない。
予想通りのハッピーエンドにしかならないのは、鬱ゲーバッドエンド厨な私にとっては、少し物足りない。

とは言え、無難に人にオススメできるゲームなのは間違いない。
夏にやるのはいい感じでしたね!
評価は★3、まぁまぁな良作でした。
小鳥ルートだけは☆4以上の価値がある!
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
この大空に、翼をひろげて

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/834-945ae19c