HELLSING OVA 1、2話

大英帝国・王立国教騎士団――通称ヘルシング機関。
反キリストの化物を駆逐するための秘密組織。
本作品は、ヘルシング機関所属の最強のアンデッド・吸血鬼アーカードを主人公とした、バトルアクションアニメである。

ちょっとカッコつけて入ってみたけれど、つまり「カッコつけてる様がやたらとカッコイイ!」枠のアニメ。
あるいは、「登場人物メガネ比率8割」枠アニメ。
延べ6年にわたって制作されたOVA作品なのだけれど、最後まで見ていなかったことを思い出しちゃいました。
だから、見なおして記事にしようと思います!

---

#1

「お前に勝ち目はないぞ、アンデルセン神父。大人しく手を引いたほうが身のためだ」
「なにを馬鹿な……お前らまとめて、いま――」
「――なら早くすることだ。もたもたしてると、縊り殺したはずの者が蘇るぞ!」


プロローグと、アーカードとインテグラル、そしてセラスとの出会い。
イギリスではやたらと雑魚な吸血鬼が増えて、事件を起こしまくっている。
裏で糸を引いている黒幕がいるんじゃないの? というお話。

ヴァチカン法王庁特務局第13課――通称、特務機関イスカリオテ。
アーカードと同じく、対化物の切り札であるところのアンデルセン神父が、当面のライバル――もとい敵のようだ。
あの教信者っぷりに、若本ボイスがどハマり。

吸血鬼に血を吸われると、童貞・処女は眷属に、中古はグールになるらしい。
どいつもこいつも背筋が伸びるほどカッコイイのに、巨乳ちゃんなクセに処女なせいでドラキュリーナになっちゃうセラスちゃんに安心する。

アーカードの武器がオートマチック、セラスの武器が対物ライフルってあたりは、カッコイイけど、まぁありがち。
だけど、アンデルセン神父の武器が祝福儀礼の施された「銃剣」ってあたり、センスがほとばしっている。やばい。

「なぜ血を飲まなかった」
「っ……わ、わかりません……。でも……血を飲んでしまったら、なにかが終わってしまうような感じがして……」
「はっ! 半端者め。――だが、それもいいのかもしれん。お前みたく、おっかなびっくり夕方を歩く奴がいても」


#2

「今からブッ殺しに行くぞ。小便は済ましたか? 神様にお祈りは? 部屋の隅でガタガタ震えて命乞いする心の準備はOK? まぁ自殺する時間はあるかもしれないから、死ねば? これマジオススメ」


円卓会議が開かれているヘルシング機関本部、ヘルシング邸に襲撃をかけてくるグールの軍団。
率いているのは人工吸血鬼、ヴァレンタイン兄弟。
1話の吸血鬼も含め、その糸を引いているのはミレニアム――ナチス残党のようであった。

兄弟のキャラは、アンデルセン神父に引き続いてなかなか。
兄は死にっぷりが小物だったからなぁ、弟のほうがカッコいい。
執事のウォルターもカッコよかったけど、ちょっと戦いっぷりが鼻につく?
というか、アーカードもそうだけど、ご主人様があんなに苦しんでいるのだからカッコつけてる場合じゃないでしょう!

冷血に見えたインテグラルが、感情を露わにするのは見どころ。
最初はグールの襲撃があってマジで焦ってたよね。
途中からは、仲間を心から愛しているからこその、唇を噛み切るほどの怒り。
そして、セラスとウォルターが救援に来てからのドヤ顔具合。
最後の、自分の手でケジメをつけさせる痛み。
うん、お嬢様ぜんぜん悪くないですよ!

アーカードの強さがヤバい。
コードギアスもそうだったけど、強大すぎる力は、人を孤独にするんだなぁ。しみじみと思いました。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
HELLSING

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/803-84fe6ec5