涼宮ハルヒの憂鬱 20~22話

--- 20話 涼宮ハルヒの溜息I ---
冒頭体育祭、その後文化祭に向けて映画を撮る話その1。
発案、そしてビデオカメラとモデルガンを提供してもらいに商店街へ行く。

特に動きはない、すこし退屈な回。
平和な日常。
と思うのも、回を重ねたことでハルヒのハルヒらしさに慣れてきたせいなのだろうな。

--- 21話 涼宮ハルヒの溜息II ---
文化祭に向けて映画を撮る話その2。
商店街のCM撮り、そして土曜日に公園へ行きロケをする。
配役を知ったときの、小泉の素で驚く顔が見れる貴重な回でもある。

有希の魔法使い衣装はとてもよく似合っている。
みくるも良い属性を持ってるはずなのに、「ふえぇぇぇ~~」というアレがあまり好きになれないのが残念。

衣装のまま電車に乗ろうとするシーン、自動改札機の「←」表示がみくるのスカートの中を指しているのがウケる。

--- 22話 涼宮ハルヒの溜息III ---
文化祭に向けて映画を撮る話その3。
公園でのロケで、みくるビームが実装される。
ハルヒの力はここまでのものなのかという気持ちと、一般的な常識を持った人間であるはずのハルヒをそこまで駆り立てるものに、初見はずいぶん驚いた記憶がある。

今回も有希が大活躍。
宇宙人ってすごい。
久々の鶴屋さん出演回でもある。
関連記事
category
アニメ [★★★★★]
涼宮ハルヒの憂鬱

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/80-5c0eed9a