とらドラ! 1~3話


2015年最初の記事は、OPEDを見ただけでそれとわかる、JCスタッフ制作・長井龍雪監督作「とらドラ!」で。
ラノベ原作アニメは敬遠していたのだけれど、人から薦められたのと、そういえばハルヒも原作ラノベだけど★5つけてるなぁと思い出したので。
いいところはちゃんと褒めるけれど、気に入らないところはきちんと貶します。

1話 虎と竜

登場人物の紹介と、物語の始まり。

お人形さんのような外見で、実は暴力が得意で生活能力皆無なヒロイン。
暴力が得意そうな外見で、実は料理上手の世話焼きな主人公。
そして、主人公の高須竜児はヒロインの親友に惚れていて、ヒロインの逢坂大河は主人公の親友に惚れている。
なるほど、ラブコメの教科書になりそうな設定だ。

木刀を振り回して全力でボケて、ダンボールに詰まった黒歴史を振りかざして全力でツッコむ。
何事も全力は気持ちがいいね!

ただ、汚い台所を見て「頼む、掃除させてくれ!!」は正直どうかと思ったけど。
大河を手懐ける気満々じゃないの。ギャルゲーなら完全にフラグ立ったよ?

2話 竜児と大河

2話目にしてなぜか最終回チックな展開。大丈夫か、このアニメは?
これからしばらくは竜児と大河で互いの想い人攻略共同戦線を張るラブコメ展開かと思いきや、それはAパートであっさり終了、Bパートで大河が北村に告白。マジか。

この時点で、すでに竜児の心は実乃梨から大河に傾いているように思える。
「一緒にいる」ってそういうことでしょう。
実乃梨のことほっといて、告白しようとする大河のこと探しに行ってたし。
じゃあなに、これから先、気になる女の子が他の男にアタックしつづける様子を2クール見せられるの? 発狂するよ?

そもそも、北村の断りかたもどうなんだろう。
……つーか、あれは断ってるのか?
好意的に見れば、大河は竜児と付き合ったほうがいいと思うからその告白は受けられない――ということなんだろうけど、それにしても、ねぇ……。
私まで電柱を蹴飛ばしたくなりました。

とにかく、Aパートのラブコメ展開は面白い。顔面パスを敢行する大河とか。
しょっぱいクッキーを食べて「うめェ」とか言っちゃう竜児は、やっぱりどうかと思ったけど。
これで大河ルートのつもりじゃないと言うなら、天然ジゴロと言う他なし!

3話 君の歌

櫛枝実乃梨回。
勤労少女なみのりんと、恋する少年高須竜児の、縮まったようなそうでないような距離の話。

……でもね、まず言わせていただきたい。
この話は2話より前にやるべきだったんじゃないんでしょーか!
主人公が実乃梨に惚れている顛末を伝える回なんだろうけど、いかんせん2話のヒキが強すぎるよ。
みのりんを見て鼻の下を伸ばす竜児に目潰しをくれる大河が、まるでヤキモチを焼いているようにすら見えてしまうもの。
実際は親友を守っているだけなんだろうけど。
まぁいいけどね、好きな人を一人に絞らなきゃいけないだなんてルールはどこにもないものね!

コメディ回としての出来はなかなか。
自転車押して全力疾走な大河と、蔵にかけたはしごを蹴落として竜児を制裁する大河にはわろた。
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
とらドラ!

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/784-bc48d45c