ARIA The NATURAL 12、13話

12-1話 その 逃げ水を追って…

あまりに熱すぎる夏の昼下がり、熱中症気味の灯里が幻を見る話。
2期1話、7話のケット・シー繋がりのエピソード。

猫は涼しいところを探すのが得意らしい。
そうしてアリア社長を追いかける白昼夢の最中、灯里は猫たちが涼む喫茶店へとたどり着く。

特にオチはない小話なのだけれど、それでもなんだかほっとするような、いいエピソードだと思います。
夏はアイスミルクに限りますね!

12-2話 その 夜光鈴の光は…

前話でも出てきた風鈴みたいな「夜光鈴」についてのお話。
雰囲気は1期10話の雪虫のエピソードに似てる。

夜光鈴とは、アクアの特産品である夜光石を舌に使った、夜に光る風鈴のこと。
夜光石には寿命があるようで、どうやら一夏の間に燃え尽きてしまうようだ。

燃え尽きた夜光石の結晶を見て、どうして灯里が涙したのか、私にもよくわからなかった。
でも、理解はできなくとも、なぜか共感できる。
こういう線香花火みたいなわびさびに心が動かされたとき、やっぱり私は日本人なんだなぁと実感するのでした。

13話 その でっかい自分ルールを…

自分ルールその1:影のないところを踏んだら失格
自分ルールその2:影はどんなものでも構わない
自分ルールその3:ひなたを半分踏むのは許可!


アリス回。アリスが見えないなにかと戦う話。
くだらないことにムキになっているアリスちゃんを見ている私は、きっとアテナ先輩と同じ顔をしてる。
普段はあまり自分をあらわにしない彼女が、なにかに挑んでいる姿は、なんだかほほえましいよね。

そんなアリスのミスをカバーするアテナ先輩に、しかし彼女は――

自分ルールその4:他人の手助けは禁止


  「そんなルールがあったの……」
「――いま作りました」
「これは私の戦いなんです。アテナ先輩、もうなにもしないでください!」


アリスが戦っているのは、自分自身。
まじめで強い向上心を持つ彼女は、なんとなく毎日がうまくいかないなぁと思ったとき、それを「自分の力不足」だと思ってしまうのだろう。
だから、昨日までの自分に勝つべく、戦いを挑む。
平たく言えば「背伸びしたいお年頃」なのだ。

けれどアテナ先輩は、そこまで強く言われても、やはりアリスを手助けしてしまう。
他人の助けを借りないと、自分が定めた戦いに勝つことすらできない――
アリスにとっては、それはまるで馬鹿にされたような、プライドを傷つけられたようにも感じられてしまうのだ。
だから、アテナ先輩のおせっかい焼きに「正義の味方気取りなのか」と激高するアリスに、しかしアテナ先輩は言う。

  「ううん、違うの。私は、アリスちゃんの味方気取りなの」
  「それとも……やっぱり他人だから、手助け禁止?」
「…………」
「……アテナ先輩。新しいルールです」


自分ルールその5:アテナ先輩は他人じゃないから、手助けしてもらっても構わない


自分ひとりじゃ乗り越えられない壁なら、仲間の力を借りたらいい。
だって、自分には、ここまで親身になってくれる強い味方がいるのだから――

制服にツーサイドアップのアリスちゃんも、はずんでいくアリスちゃんも、一面のひなたを見て脂汗を流すアリスちゃんも、アテナ先輩との友情に結ばれて満ち足りたほほえみをこぼすアリスちゃんも、みんなみんなかわいい。
私はまた神回を目の当たりにしてしまったのかもしれませんね!?
関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/783-d77eb6bd