ARIA The ANIMATION 7~9話

7話 その 素敵なお仕事を…

2話の続き、先輩としての晃と、生徒としての灯里たち。
実際にお客さんを乗せたお仕事の詳しくは、今回が初めてかも。

ただ船を漕いで街を案内するだけのカンタンな仕事のように見えて、その裏には色々な努力があり、苦労がある。
どんな仕事でもそうなんだろうけれど、それを正確に想像することはなかなか難しい。
色々な障害にぶつかりながらも、いつかは暗闇を抜け、成長していくのだ。

……とは言え、私はヴェネツィアに行ったことはないし、ゴンドラに乗ったこともないのだ。
いまいちピンと来ないエピソードだったかもしれない。
晃さんはとってもいい先輩だったけどね!

8-1話 その 憂鬱な社長ったら…

大掃除のお手伝いができず、なんとなく居場所がなくて、そのまま家出しようとするアリア社長の話。
子供が家出を決意するときってあんな感じなのかな?
でもやっぱり我が家が一番。アリシアさんはとっても優しいしね!

というか、アリア社長は猫じゃなかったのか?
なんかシチュー作ってたし、風呂敷におにぎり包んでたし、タイピングできてたし、どういうことなの……。

8-2話 その イケてるヒーローってば…

ヒーローに憧れて、女の子の落としたお人形を届けようとするアリア社長の話。
8話は閑話的な扱いなのだろうか、アリア社長の日常回。
「はひっ(汗)」な灯里がかわいい。

9話 その 星のような妖精は…

でっかいメランコリックな藍華が、灯里とアリスを連れ、伝説のウンディーネ・グランドマザーに教えを請いに行く話――という建前の、お風呂回。
ついでに浴衣もあるよ!

なんだか無性に焦っちゃうときってあるよね。
誕生日が近くなってきたときとか、季節の変り目とか、夜明け前とか。
私は本当にこのままでいいのかな? いや、いいわけがない。でも、なにをどうすれば……?
根が生真面目な藍華が、でっかい夢を目の前にしたとき、そんな焦燥感に駆られるのもわかる。

けれど、なんでも楽しんでしまうことさえできたなら、苦しいことも悲しいこともきっと乗り越えられる。
それは灯里がいつもやっていることで、藍華が忘れかけていたこと。

とっても簡単なことなのに、みんな忘れがちなのね。

関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/776-cde67451