ARIA The ANIMATION 1~3話

最近めっきり涼しくなってきましたね。夏ももう終わりなのかな?
そう思ったら、途端に夏っぽいアニメが観たくなって、ふと思い浮かんだのがこの作品。
ちなみに初見です。

---

1話 その 素敵な奇跡を…

世界観と主人公の紹介回。

惑星「アリア」の都市「ネオ・ヴェネツィア」で、ゴンドラ屋「ARIAカンパニー」で一人前のウンディーネを目指す少女、水無灯里が主人公。
地球(なぜかマン・ホームと呼ばれていた)から、一人でやってきたらしい。

観光に来たアイちゃんの「きらい」を「好き」に変えてしまうのが、今回のお話。
「取調べですか?」のジト目のアイちゃんがかわゆす。

なんとなくまったり落ち着いてしまう、不思議な雰囲気。
「カレイドスター」とほとんど同じスタッフが作っているせいなのかもしれない。

自分の好きなことで、人を笑顔にできる。
その出会いは、確かにすてきな奇跡かもしれない。

藍華「恥ずかしいセリフ禁止~~っっ!!」

2話 その 特別な日に…

アクア・アルタと呼ばれる高潮で、街がお休みになった日。
ゴンドラ屋「姫屋」の跡取り娘である藍華と、その先輩である晃の師弟関係のお話。

いつも厳しいけれど、それは愛だということを、わかっていても認められない藍華ちゃんのツンデレさ。
ありがちな話をすっきりきれいにまとめてきた。完成度高し。
水の表現がとてもきれいなせいかもしれない。

ところで、藍華ちゃんは中華系の設定なのかな。
チャイナ服には、ツインテよりお団子のほうが似合うと思います!

いつもの景色がいつもと違って見えると、いつもは見えない大切ななにかが見えてくるような気がします……。


藍華「恥ずかしいセリフ禁止っ!!」
アリシア「あらあら、うふふ」

3話 その 透明な少女と…

この人も同じ……自分の気持ちに嘘ついて、愛想笑いなんかして……。


ゴンドラを操ることは上手だけれど、ウンディーネとしての仕事の楽しさがわからない少女、アリスのお話。

楽しくもないのに笑えない。
自分を殺して、人の機嫌を取るためだけになんて、笑えるわけがない。

そう思うアリスは、暁に絡まれながらも街を案内する灯里を見て、気がつく。
人の気持ちに寄りそうのと、流れに逆らわずにゴンドラを進めることは、きっと似ているのだと。

空があって、水があって、小さな船が浮かんでいて、その上にはちっぽけな私と、一緒に乗ってくれているあなた。
無理に近づこうとしなくとも、肩の力さえ抜けば、もう気持ちは一緒なんだ――
アリスはきっと、風になれたとき、そう気がついたんだと思う。

彼女の悩みは決して特別なものじゃない。
そんな風に自然に笑えたなら、それはどんなにすてきなことだろう。私も本当にそう思う。
この作品は、台詞だけじゃなく、絵だけじゃなく、作品そのものの持つ空気感で、こういう伝えづらいことを私たちに共有させられるんだなぁ。
この回の完成度はすごいよ。エンディングのROUND TABLEがまったくもって神曲だもん。

流れに逆らわないで、上手に水を掴んで、ゆっくりゆったり進んでいく。
誰かをゴンドラに乗せて、心を開いて、心を軽くして、一緒に風になれたら……きっと――

――空も飛べるかもね。


アリス「……ちょっと恥ずかしかったですか?」
関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/774-cf2bac4b