加奈…おかえり!! まとめ

シナリオ

タイトルが示すとおりの、純愛妹ゲー。
メインヒロインは、健気に兄を慕い続ける病弱な妹・加奈。お涙頂戴モノとしては王道中の王道だね。
シナリオライター・山田一こと田中ロミオの処女作でもある。

シナリオの構成は、よく考えられていると思う。
兄妹の間柄も、様々に工夫された細かなエピソードのおかげで、すっと入ってくる。
人の感情を揺さぶる小話が多かったのは、ライターの手腕そのもの。小学生時代の夕美のウザさとかね。
それと同じく、遭難した加奈を探しに行くことからはじまる「妹を守ることで主人公も成長できた」というエピソードが、単なる妹萌えに終わらない、物語の深みのようなものに繋がっているように思う。

そして、普通の人よりもずっと死に近いところにいるヒロインの口から出る「人生」や「死」といった諸々は、とてもリアルな質感を持って私たちに語りかけてくる。
それは、ひたすら加奈のリアルを追い続けたシナリオの賜物でもある。
だからこそ、彼女を翻弄する運命は、私たちにリアルな感情を呼び起こすのだろう。

初出からは早15年が経つゲームということで、話の展開に新鮮さはあまりない。
それは、このゲームがあまりに王道を歩みすぎていて、近年の作品がどうしても本作に似てきてしまうからだろう。

欠点と言わせてもらえるのなら、この半分以上を過去回想が占めるというストーリー構成は、あまり私の好みではない。
タイタニック方式とでも呼ぼうか、最初に「現在」が提示され、そこへと向かうように「過去」をなぞるやりかた。

もちろん、このタイタニック方式にも、色々とメリットがあるのはわかる。
ただ、私の好みではない、という話。
結末がわかっていると、なんだか冷めちゃうんだよなぁ。

それと、近親相姦(というか、エロゲーそのもの?)を「穢らわしいもの」と断じてしまう人たちの気持ちがなんとなくわかってしまうのは、どうしたことか?
加奈に言い寄る男の影をすべて追い払わないと、ベストエンドへは入れない。
このあたりに、なんらかの歪みが表れているように思う。
なんというか、歪んだ独占欲というか、加奈を偶像化しようとしすぎというか……。

あ、二次元に恋をするためには、これは決して悪いことじゃないんだよ!?
二次元の女の子たちは、いつでも清く美しい。それは間違いない。
加奈ちゃんはいつまでも穢れなき天使のような妹なのだから。

私が言いたいのは、主人公が「加奈はいろんなことを知りたくても知れなかった身体なんだ」とか言ってる横で、加奈を独占し、依存していくその様子は、まるでダブルスタンダードみたいで、あまりスマートじゃないんじゃないのかなぁ? ということです。

ルート別評価
  ノーマルエンド・追憶 > 知的ルート第二エンド・おもいで > 夕美エンド・迷路から

ノーマルエンドこそが至上。
遺言でアレはずるい。たぶんこのゲームで一番の泣き所なんじゃないでしょうか?

知的ルートは、三つにも分ける必要がなかったような気もした。
どれも大差ない出来だけど、加奈の日記を読んでくれる第二エンドを推しておきます。

夕美のことを知らないと、このゲームは十分には楽しめない。
ということで、第三位は夕美エンド。
夕美ちゃん、けっこういい子なんだよ? いやマジで!

テキスト

文章そのものは、田中ロミオにしては比較的素直なもの。
装飾はほとんどないが、その分、すっと馴染む効果があるのかもしれない。

まれに出てくるギャグ要素が、地味に面白い。
私のお気に入りは、中学生時代、水族館でタコに巻きつかれて涙目になった妹ちゃんが、おやつにタコ焼きを所望するくだり。

グラフィック

絵柄だけ見れば、やはり古いゲームなことを確認させられる。
ただ、よく手を掛けて作っていることがはっきりとわかる、いいクオリティ。
なぜかHシーンがGIFアニメみたく動くしね!

全90枚弱のCGのうち、Hシーンは20枚程度のみ。
残りはすべて日常シーンでのカットイン。
これだけで、どれほどシナリオに注力したゲームかがわかると思う。

Hシーン

儀式。
使える人はどうぞ!

音楽

挿入歌の使い方は、まるで時代を先取りしているよう。
他の人の感想を読んでいる限り、それで涙腺崩壊、なんてことも多々あったりするらしい。
その歌自体がヘタっぴなのは……ご愛敬ということで。

声優

可もなく不可もなく。
幼少期から成長していく過程をきちんと表現できてたのは、クオリティ高し。

システム

古いゲームとは言え、一通りの機能は装備。
欠けているのは、ボイスをもう一度再生する機能くらいかな。

それよりも、選択肢の量が多すぎる。
古いゲームにありがちなんだけど、なんでなのかな?
エンディングが6つもあるので、かなり周回させられました。けっこうめんどい

総評

エロゲーらしからぬ、リアルな兄妹模様を追求した純愛ゲーム。
ぜひエロゲー初心者にオススメしたい一品です。
私のように、雑食気取りで鬼畜ゲーにばかり好んで手をつけてしまうような人間には、加奈ちゃんのピュアさはまぶしすぎるよ……。

私の評価は★3つ、安心して薦められる良作でした。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/771-8bf382be