加奈…おかえり!! 知的ルート第1エンド


知的ルートと銘打たれたいくつかのエンディング群は、小中学生の妹に本を読ませまくると、妹が賢くなって迎えるものらしい。なんだそりゃ

賢くなるってのは、小難しい単語を使うようになったり、アポトーシスについて語ってくれたりするようになることを指すのではなく、他人の態度や自分の病状から「死期を自ら悟る」ことを言っているんだと思う。
それは、本の知識ではなく、叔母の死に触れたことも多いに関係しているに違いない。
(知力を上げる選択肢と、須磨子さんのエピソードに関係性がなかったらごめんなさい)

色々なことを知り、けれど病院から出られない加奈の実体験は、知識にまったく追いつかない。
まるで頭でっかちのようになっていく加奈。

「……私もそろそろ自立しないとって思って」
「いろいろ、考えてるの」
「……兄さんだっていつまでも家にいるとは限らないし」
「……お父さんやお母さんに心配かけないようにしたいし」
「……勉強だってしなくちゃ、本だってもっとたくさん読みたい」
「……考えたいことだってたくさんあって……あって……」
「兄さんにもキレイな恋人ができた……し……」

「けど……けどね……わたし……何もしてなくて……生まれてから何もしてな……叔母さんは死んじゃうし、お兄ちゃんは彼女できるし……わたしだけ時間が止まってて……何かしなくちゃって思って……なのに身体は痛くて……」
「つらくて……寂しくて……」
「恐くて……」


いくら賢くなって「死期」を知っても、「死」そのものを知ることはできない。
それは誰もがその存在を知っているにも関わらず、未だ解明されていない大いなる世界の謎の一つだからだ。

自分に残された時間はあと少し。彼女は焦る。
誰もが前に進んでいるのに、立ち止まっているのは自分だけ。
けれど、焦ってもなにもできない。

しかし、あるとき、彼女はふっと気づく。
自分をなによりも大切に想ってくれる人のこと。
そして、自分もその人を心の底から大切に想っていること。
それは、おそらく海に行き、彼の背に負ぶわれたとき。
あるいは、自分を大切に想うあまり、抱かないという決意を見せられたとき。

生きられなかったことは悲しい。
けれど、後悔はしない。
彼女は、彼女の人生で、彼女だけのたからものを手に入れ、世界が終わった後でも、それは続いていくのだから。

「今まで……どうだった?」
「生まれてきて、良かった。だって……大好きな人と過ごした時間なんだもの」


そうして彼女は雪のように、ただ溶けて消えていくのだ。

---

なんだか終わりかたそのものは、ひどく無難なものだった印象。
妹とエッチしちゃうとまたがらりと変わってくるのかもしれないけど。

しかし、須磨子さんのエピソードは完成度高し。
香奈ちゃんの前ではまるでお姉さんな加奈ちゃんは、とてもほほえましかった。

というか、日記はどうしたんだ?
読んでね、って言ってたよ! 読んでないよ!
でも読まれたらまたヤバそうだから、このまま忘れててもいいんだよ!
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/768-2a4825ab