グリムガーデンの少女 -witch in gleamgarden- ルナルート

グリムガーデン、ラストの5キャラ目は、妹によく似たツンデレウサ耳・ルナを攻略。
声優は水崎来夢。誰かの別名義らしいのだけれど、誰かはわかっていない模様。
甘めのツンツンした声は、耳に心地よいね。

ルナのお話は、このゲームのトゥルーエンドという位置付け。
白雪ルートを攻略すると、ルナに関する選択肢が解放される。

---

シナリオを平たくまとめると、弱ってる女の子をナンパしたら妹でした! というもの。
もうちょっと踏みこむと、壮大な兄妹ゲンカ。
八十島がイイカンジに引っかき回してくれて、良平じゃないけれど、みんながすれ違ってどんどん不幸になっていく様は、なかなか興味深い展開だった。

ただ、あれほどまでに憎んでいた魔女(主人公が魔女を憎悪する描写が少なかった点は、いささか痛いところではあるが)が妹なのが判明した途端、「妹だからなんでも許す」とか言いはじめてしまう主人公ってどうなんだろう?
もちろん妹萌えのお兄ちゃんからしたら当然の展開なのだけれど、もう少し言葉巧みに良平と私たちを説得してほしかった。
そして、妹とエッチしちゃったことについてもう少し踏みこんでくれると、妹萌えの私なんかは嬉しかったな。

エンディング、春菜との確執は解けたけれど、夏美は未だに起きる気配はない。
せっかくの大団円を目指すのだから、問題を解決しろとまでは言わないが、糸口くらいは見せてほしかった。
春菜と夏美が仲直りして、初めてハッピーエンドだと思うんだよ。違うかな?

主人公のグリムについてもよくわからないまま。
異形に変化してたっぽかったのに、制御できたら元に戻ってたし、完成度にやや疑問符はつく。
ま、ケーキをパクつくルナちーがすごく可愛かったから許しちゃうけどね!

---

シナリオの評価は、☆3つかな。
アクションシーンはなかなか盛り上がる。
主人公打たれ強すぎじゃね? とは思ったけど。

CGの枚数のせいか、Hシーンは2回4CG。
瑞穂さんとかどーでもいいから、こっちに回してほしかった。

ところで、毎度毎度思うのだけれど、このゲームは男キャラが全員胸糞悪いんだよね。
なんだろう、男に恨みでもあるのだろうか?
八十島はともかく、親友キャラの良平のはっちゃけっぷりはなかなかだった。
まぁ事情を知れば、ある程度諦めもつくのだけれど。

次回、総まとめ記事。
ところで、どうしてルナちーにはウサ耳が生えていたの?
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
グリムガーデンの少女

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/742-ac921a8b