涼宮ハルヒの憂鬱 9~11話

--- 9話 ミステリックサイン ---
1期7話、ハルヒが描いたSOS団のロゴマークのせいでコンピ研の部長が行方不明になり、閉鎖空間的な砂漠で巨大カマドウマと戦う話。
長門の暗躍具合にキョンが気付く回でもある。

ハルヒもぶっ飛んだ設定の便利キャラだが(自分の願望を実現できるという面で)、それと同じかそれ以上なのが長門有紀である。
ハルヒの後始末を毎回させられているとても可愛そうな子。
でもそれを苦とも思わず(人間でないのだから当然と言えば当然なのだけれど)、一途に任務をこなし続ける姿は清々しくもある。

とりあえずカマドウマ気持ち悪い。
あんなのと遭遇したら、正気を保っていられる自信がないよ!

--- 10話、11話 孤島症候群(前、後編) ---
1期6話及び8話、SOS団の合宿で孤島の別荘へ行く話。
前編では島へ行き遊ぶシーンがメイン。
ラストシーンで館の主人が倒れているところが発見される。
後編では事件を解決するのがメイン。
結局は小泉の機関が行った狂言だった。

後編中盤、ハルヒとキョンは崖から落ちて洞穴に避難する。
そこでハルヒは事件の表向きの真相に辿り着く。
そしてキョンを庇うためにそれを隠そうとする。

やはりキョンはハルヒにとって特別なんだな。
キョンが思っているよりもずっと大切に思っている。
ハルヒ自身も気付いていないかも知れないけれど。
関連記事
category
アニメ [★★★★★]
涼宮ハルヒの憂鬱

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/74-c8616128