殻ノ少女 その1(開始)

「捜して欲しいんだ――私を。本当の、ね」


★4評価「カルタグラ」の"InnocentGrey"から、新作「虚ノ少女」が発売される。
オープニングを見ただけでポチりそうになる、独特な世界観。
その前作に相当するのが、今回プレイする「殻ノ少女」。

舞台は昭和三十年代、カルタグラのトゥルーエンド後の世界観を引き継いでいる。
主人公だった高城秋五は和菜と結婚し、遊郭・雪白がなくなった後、初音は雨雀の養子になっている。

今回の主人公も私立探偵。
少女の奇妙な依頼と、猟奇殺人事件から物語は始まっていく。

今作は単に物語を読み進める「ビジュアルノベル」ではなく、プレイヤーである私たちが事件を推理し解決していく「ゲーム」になっている。
ただ、そのせいで超絶難易度になっている模様。
現に私は、何も見ずにプレイしたら、4時間やって一度もHシーンを迎えずにバッドエンド。うわぁ

---

起こった事件は3つ。
ちょっとまとめてみる。

井の頭公園での、胴体がないバラバラ殺人事件。
  (首は今邑はるかのもののようだが、指紋が一致しない)
多磨霊園での、左腕が切断され足に火が点けられた殺人事件。
  (小泉蛍と確認)
石神井公園での、右腕が切断され頸を背中向きに捻られていた殺人事件。
  (多岐川夕美と確認)

共通点は、黒い布。
これが「黒い聖母」→「黒い卵」→「ステラ」→「月島織姫」へと繋がったところで、織姫と主人公が殺されてバッドエンドになった。

冒頭の「ネアニスの卵」から見るに、犯人は人間のパーツを集めて、一人の人間――母親を作ろうとしているんだろう。
つまり、胴体・両手足の、最低五人は殺されるはず。
いまは三人目が死んだばかりだから、物語はまだまだはじまったばかりだ。

犯人として一番アヤシイのは、やはり朽木冬子だろうか?
小さな頃の記憶がないとか、千鶴が実の母じゃないっぽいとか、そのあたりに何かありそうな。

---

この劇画調な絵柄と時代がかったテキストは、かなり私好みだ。
萌えとはほど遠い、硬派なエロゲー。
最近は軟派な作品ばかりだったから、こういうのに触れると身が引き締まる思いだよ!

……あぁ、硬派なのはトジ子以外ね。
トジ子かわいいよ? 妹の紫ちゃんもかわいいよ!
序盤のハプニングエッチなお風呂はマズいレベルでした。おっぱいがエロすぎたよ!
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
殻ノ少女

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/707-f998cf34