涼宮ハルヒの憂鬱 1、2話

アニメが好きなら誰でも?知っている超有名どころ、涼宮ハルヒの憂鬱。
BD版を手に入れたので、再び観ることに。
1期のはおそらく4周目かな?

タイトルの話数は09年放送版表記。
今回の1、2話は涼宮ハルヒの憂鬱I、IIに該当。

---

もう5年も前のアニメなのに、今観てもほれぼれするくらいのクオリティの高さ。
モブキャラもちゃんと描き分けられてて、しかも動く。
オープニングとエンディングの作り込み具合もスゴイ。
曲もとても良いし。

1、2話は、「ただの人間には興味ありません」からSOS団を設立し、バニーでビラ配り、コンピ研からの強奪、そして長門にマンションに連れて行かれ、宇宙人なのを告白されるところまで進む。

こういう起承転結がちゃんとあるアニメだと周回を重ねるのに序盤がダレることがあるが、このアニメはそういう気配がない。
すなわち、日常パートが魅力的なのだ。
それはキャラが立っていることもあるし、キャラ同士の絡みや笑いが面白いこともある。
私はあまり同じモノを何度も観るタイプではないので、こういうのはかなり珍しい。

これからも時間が空いたときにちょこちょこ観ていきたい。
ほんとは夏の間にエンドレスエイトを観たかったんだけどなー…。
関連記事
category
アニメ [★★★★★]
涼宮ハルヒの憂鬱

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/70-065d766d