劇場版 空の境界 第一章、第二章

「変身やロボットを使わずに、女の子が強いアニメ」枠で紹介された作品。
TVアニメではなく映画なので、そのクオリティには期待できる。

原作はFateのシナリオライターである奈須きのこ。
見たことはないが名前だけは知っている。

全七章だが、時系列順に作られているわけではないので、時間を把握するのが大事。

---

第一章 俯瞰風景  1998年8月
飛び降りた女の子の死体のカットが印象的。
飛び降りは正直コワイ。
確実らしいが、できることならあまり選びたくない死に方だ。

でも、高い所から全てを見下ろすのは気持ちが良さそうだ。
もし飛べたら最高だろうな。

式が強い。かっこいい
ただ、なぜか義体のようだ。
きっとそのうちその秘密も語られるのだろう。
幹也が抜け殻だったのはよくわからなかった。

---

第二章 殺人考察(前)  1995年3月
和服に革ジャンはアリなのかを考えさせられる。
和服にブーツの延長なのか?
でも式ならかっこよく見えてしまう不思議。

血を浴びて微笑む式のカットが印象的。
しかし、式は本当に人を殺していないのか。
素直に見れば殺しているのだろうが、殺しているシーンがなかった。
幹也がやたら人殺しなんかしない、って押してくるからそんな気がしてきてしまう。

二人に何があるのか、何があったのか、気になる。
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
空の境界

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/7-5a6aa41b