大図書館の羊飼い 御園千莉ルート

正ヒロイン3キャラ目は、クーデレな後輩・御園千莉ちゃんを攻略。
ショートカットがよく似合っている、ロリっ娘枠。
一見クールだけど、構ってもらえると嬉しくなってしまう性格は、猫のそれ。
ギザ様とも気があっているようだし、コスプレ衣装はネコ耳メイドだし、キャラの立ちっぷりは十分だね。

千莉の声を当てているのは、丸井ことの。
新人声優なのかな? 調べても情報が出てこない。
ツンツン系演技は悪くないと思います。

---

世界的な活躍を期待されている歌姫の千莉ちゃんだけれど、本人は至ってやる気なし。
そんな彼女の個別ルートは、予想通り、千莉の歌への想いと声優・芹沢水結との確執にスポットが当たる。

「それに、先生は一番知りたいことは教えてくれませんから」
――知りたいこと?
「……どうしたら、もっと楽しく歌えるようになるんでしょう」
「私も、将来を決めなくちゃとは思ってるんです」
「でも今のままでは、道を決めてもゴールまでたどり着けません」
「歌は競争の世界です……迷いがある人間なんて、あっという間に消えてしまいます」
――難しいもんだな。
「甘えてるんですね」


千莉は歌が好きだった。
歌うことで、親や友達は笑顔になった。
彼女にとって、歌は自分と世界とを繋げてくれる魔法のはずだった。
けれど、いつか魔法は解けて、彼女は迷子になってしまっていた。

「ここでは中途半端な人間はいらないんです」
「毎日焦っているうちに、いつの間にか『あの頃に戻りたい』って思うようになっていたんです」
「歌っていれば楽しかった、あの頃に」
「歌が勝負の世界だってことはわかっています」
「ただ、歌っても歌っても、何もないのが嫌なんです」
――探してた『楽しく歌う方法』ってのは、『あの頃に戻る方法』だったんだな。

「……戻れるでしょうか、あの頃に」
――残念だけど、過去には戻れないよ。
――でも、新しく作ればいいんじゃないかな。


解けてしまった魔法は、もうかかることはない。
けれど、図書部への依頼を通し、自分の歌で誰かが喜んでくれる"喜び"に再び気づく。
主人公や、図書部の仲間たちが、自分の歌で笑顔になってくれる嬉しさも。

そうして、彼女は新しい自分の居場所を見つけることができる。
すれ違いはあったけれども、自分のことを支えてくれた主人公と、千莉は結ばれるのだった。

---

シナリオとしては、千莉の「孤独に耐えようとする強さ」と「本当は甘えたい弱さ」が、上手く反映されていたと思う。
けれど、娯楽系読み物としての起伏には欠ける。
勢いが足りないというか、青春感が欠けるというか……。
予想の範疇ですべて収めてきてしまって、オドロキに飢えてる感じかもしれない。

あと、付き合うのが遅すぎる。
サマフェスがあって恋仲になったら、Hシーンが2回あって、すぐエンディング。
バランス考えて! バランス!
嬉し恥ずかし初デート(はぁと)みたいなイベントも、ギャルゲーには求められてるんじゃないでしょうか?

余談だけれど、千莉の歌に対する姿勢は「DEARDROPS」のボーカル芳谷律穂と似ているように思う。
律穂にとっての歌も、彼女と彼女の大切な仲間たちとを、そして聞いてくれるファンのみんなとを繋げてくれる唯一のものとして描かれていた。
律穂の場合、世界と繋がり続けるため――自分が自分として生きていくためなら他のすべてを犠牲にすることも厭わない、といった強烈な純粋さという点にスポットが当たっていたような気がする。

---

個別シナリオ単体としての評価は、つぐみルートと同程度、☆2レベル。
ボリュームは、3~4時間くらい。
シーン数は、Appendix(おまけ)を含め、3H5CG。
ただ、これからもっとおまけが解放されそうな予感はある。

Hシーン、千莉のS属性をもっと上手く使ってほしかったと思う。
誘い受けって、もっとエロくできると思うんだ。
2Hのネコ耳メイドのご奉仕シーンは、絵的にすばらしかったけどね!
自分でスカートをたくし上げて、繋がってるところを見せてくれるポーズに萌え萌えです

共通ルートでの、クロスワードの答えを聞く体で、自分の身の振り方を相談する千莉ちゃんは、とても可愛かった。
ああいう会話の流れはとても好きだなぁ。

あと、佳奈すけの告白シーンがとてもよかった。
ウィットに富んだやりとりは秀逸だったね。
「面倒だけど」とか前置きする主人公は、殴られてもいいと思ったけど。

あのシーンは、共通ルートで佳奈に立てたフラグ回収的な位置付けだろう。
佳奈は、他ヒロインルートへ進む主人公にも同じ想いを抱いていたけれど、親友の千莉の恋を応援するからには、自分の気持ちにけじめをつけなくっちゃいけない!と思ったのだね。
うぅん、なんともいじらしいじゃないですか!
佳奈ルートへの期待がますます高まる
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
大図書館の羊飼い

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/694-58d63cbb