大図書館の羊飼い 共通ルート+望月真帆ルート

13年1月、オーガストから待望の新作「大図書館の羊飼い」発売。
これはギャルゲー好きならやらねばなるまいよ!
前作「穢翼のユースティア」は、期待以上に面白かったしね!

ユースティアはハイ・ファンタジーな世界観の作り込みが秀逸だったけれど、今回は平凡な学園モノ。
図書部唯一の現役部員である活字中毒な主人公が、部活を乗っ取られる形で、ヒロインや親友たちと青春していく。

つぐみと玉藻と知り合い、新生図書部を結成し、そこに佳奈すけが合流し、千莉を巻きこみ。
そして、学園を楽しくするべく活動をしていく。

---

まずはゴミ拾いをし、ラブレター落とし物事件を解決。
七不思議的な存在「羊飼い」のメールの送り主を調査すべく、学食のビラ配り。
芹沢水結の依頼で、御園千莉の調査。
ビラ配り、ビラ配り、ビラ配り。
部室を追い出されそうになり、図書委員会に奉仕活動。
そして、学祭で陽が当たらない部活のためのミナフェス開催。

ざっと思いついただけでも、これだけの活動が詰め込まれている。
聞いてはいたけど、共通ルートがやたらと長い。
主人公がつぐみの活動を認めるようになる第一オープニングが流れるまで、軽く4時間。
その後、3時間程度を経て第二オープニングが流れ、ようやく個別ルートに入る。

一気にプレイするのはちょっと辛いかも。休憩がほしくなる
でも退屈はしなかった。
ヒロインはキャラが立っていて、見ていて楽しいし、細かい演出にも手がかかっている。
羊飼いの正体も、まさか!という感じだったし。

個人的には、佳奈すけが一番気になる。
こういう、普段はお調子者だけど実はシリアスな悩みを抱えている、的な子が好きなのです。
「はるまで、くるる。」でいう、冬音みたいな女の子。



しかし私がまず攻略したのは、生徒会長・望月真帆。
だって、佳奈すけはネタバレルートだって聞いたんだもん!
そこではつぐみから攻略するのが推奨されていたけれど、でもメインヒロインぽいつぐみを一番最初にするのには抵抗があり……気づいたら真帆ルートに入っていました。

真帆の声を当てているのは、波奈束風景。
メインヒロインでお世話になったのは、久雅竜胆(神咒神威神楽)。
サブヒロインでは、リサ(穢翼のユースティア)。
あまり特徴的な声ではないけれど、まったりお姉さんな声は○。

---

さて、真帆はサブヒロインとのことで、シナリオについて語るべきことはほとんどない。
つぐみルートから分岐するのだけれど、ルートに入ってからは1時間強でエンディング。

吹奏楽部と弦楽部の仲裁をしてほしいという依頼について、図書部は生徒会に助力を頼む。
主人公は、そこで望月生徒会長が思っていた以上に努力家であることを知り、彼女の力になりたいと思うようになる。
その気持ちが、ずっと一方通行だった真帆の想いに応えることに繋がっていく。

真帆ちゃんが主人公に恋をしたきっかけは語られない。
かなり昔から生徒会に誘われていたようだから、きっとその頃からずっとなんだろう。

デートやいちゃラブもほぼゼロ。
CG2枚のHシーンが1回あっただけでおしまい。
「ルート」と言うよりも、おまけでHシーンだけが解放されるはずだったものを、シナリオに組み込んじゃいました!といった感じ。

これでシナリオの完成度云々を言うのは筋違いだろう。
サブヒロインも攻略できたことで喜ばなくちゃいけないはずだ。

しかし、せっかくのギャルゲーなんだから、ちょっとはイチャイチャが見たかったかなぁ。
真帆ちゃんがデートでデレデレになっちゃうとことかさ!
それを副会長・多岐川葵に見せつけて「ぐぬぬ……」って言わせるとかさ!?
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
大図書館の羊飼い

Comment

立場的には「サブ」なので、それ以上のものを望むのは野暮かもしれません。基本に忠実な私としましては、メインからの攻略、つまり本線から叩いたほうが後ろめたさがないように思えます。
主軸はあくまでもメイン側にありますからね。分岐する際には、人によってはかなり勇気や踏ん切りが必要になることもあるでしょう(私もそのうちの一人だった・・・)
  • 2013⁄02⁄20(水)
  • 10:55

> 立場的には「サブ」なので、それ以上のものを望むのは野暮かもしれません。

そうですね。「ユースティア」では、サブヒロインとはおまけモードでしかエッチできなかったので、それが本編シナリオに組み込まれたということで、むしろ扱いとしては格上げのような気すらしてきます。

> 勇気や踏ん切りが必要

主人公に想いを寄せる正ヒロインを、あえての放置プレイ。
きっとあなたがサブヒロインといちゃいちゃしている間に、彼女はこっそり枕を濡らしたりしているに違いありません。

 そ ん な 彼 女 も か わ い い 。

そう思えば、むしろルート分岐がご褒美にすら思えてきませんか?
  • 2013⁄02⁄22(金)
  • 17:52

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/691-f0308f83