GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- OVA+まとめ

OVA1話 ヴェネツィアの光、心の闇

原作6巻28話「Dum spiro, spero.」より、ジャンとリコ回。
ベネツィアに行く過程はアニメオリジナル。

ジャンの深い憎しみと、リコの今自分がここで生きている歓びが描かれている。
リコはジャンの道具でしかないけれど、ジャンは彼女を道具としてきちんと愛しているんだ。

ただ、私はこのエピソードはそこまで好きなわけではなかったので、どうせ映像化するならもっと違う回を選んでほしかったように思うよ。
クラエスの話とか、TVでやらずにこっちでやればよかったような。
あるいは、トリエラとヒルシャーの関係とか。
リコファンには嬉しい回だったのかもしれないけどね!

OVA2話 ファンタズマ

原作6巻29話「Fantasma」より、エンリカ回。
ピノッキオ事件が一段落ついてシチリアにバカンスへ来るヘンリエッタとリコの話と、ヘンリエッタとエンリカを重ねているジョゼの話。

「私が死んで、代わりを見つけたのね」
「そうだ! 代わりに尽くすことで、お前に詫びてるんだ!」
「そんなの自己満足じゃない!」
「どこが悪い!? 死んだ人間は生者を呪うだけだからいい。だが、生きてる人間は弱いんだ。こうでもしないと、残されたあいつは生きていられなかったんだ。恨むなら俺を恨め!」


エンリカのことを思うからこそ、ヘンリエッタに優しくできるとジョゼは言う。
エンリカの亡霊は、そんなジョゼのことを「ひどい」と言う。

ヘンリエッタは、エンリカの代わり。それは間違いない。
ヘンリエッタに優しくすることで、エンリカに構ってやれなかったことを償っている。
その行為がどこか矛盾していることに、ジョゼも気がついている。
気がついていながらも「ヘンリエッタが喜ぶのならそれでいい」と割り切っているんだ。

ずいぶん倒錯しているようにも思う。
ヘンリエッタがこれを聞いたらどう思うだろう?
彼女は優しいから「それでも構いません」と言いそうだけど、やっぱり泣いてしまうだろうな。

ところで、やたらと責めてくるエンリカだけど、これはエンリカの亡霊と言うより、ジャンの持つ罪悪感の現われと言ったほうが正しいように思う。
ジョゼだけじゃなく、ジャンにも葛藤があった。
それを受け入れながら、なお前に進むしかない。
妹と果たせなかった約束を、義体の女の子たちに肩代わりさせながら。
それが、生きるということなんだろう。

---

「過ぎ去りし時を追うことなかれ、未だ来たらざる時を憂うなかれ」
「うーん……。それはクラエスの哲学だよ」
「"私たちの"哲学だと思うけれど?」


人はいずれ死ぬ。
義体の彼女たちには、そう遠くない未来に、それはやってくる。
なら、今できることをひとつずつやっていくしかない。
クラエスはそう言いたかったんだろうね。



まとめ

たった1つの想い貫く難しさの中で僕は守り抜いてみせたいのさ
かけがえのないもののために果たしたい約束


2期は原作3~5巻を、構成をアニメ向きに入れ替えて映像化している。
原作者が脚本を書いてるということで「原作者は原作読め」と言われることもあったガンスリ2期だけど、個人的にはこの構成は悪くないと思う。

義体の女の子たちが好きで観ている人にとっては、ピノッキオにスポットを当てた回とか「???」状態だったのかもしれないけど。
たしかに、トリエラのヒルシャーに対する想いを削ってしまったのは、かなり残念だった。
アンジェとマルコーの関係があやふやなせいで、アンジェのキャラも薄くなってるし。
エッタちゃんもずいぶんあまあまな女の子になってしまっている気が……いやこの子は元からか!

作画のクオリティが下がったという話については、たしかにそうかもしれない。
かなり甘い評価をしがちな私の目からも、ところどころツッコまざるを得ないところがあったし。

キャラデザが変わったという点については、まぁ時代の流れか……という諦め半分、見た目可愛いからいっか!というナンパ心半分。
でも、エッタちゃんは明らかに別人だと思います。かわいいけど。

それと、声優はもう少し考えてほしかったかも。
ヘンリエッタ・トリエラ・ピノッキオ・マルコーあたりは、ミスキャストじゃないのかな?

---

1期に比べて、世間の評判はあまりよろしくない。
最終話は感動を誘おうとしてるのが見え透いていて、ちょっと冷めてしまったかも。
オープニングは、前半の実写ぽいのは明らかに手抜きで意味不明だったけど、曲はよかったよ!

原作が好きなら十分観る価値はあると思う。
1期は秀作★4評価、2期は良作★3評価です。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
GUNSLINGER GIRL

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/679-2b19d045