ジョジョの奇妙な冒険 10~12話

10話 ニューヨークのジョジョ

第二部「戦闘潮流」はじまり。
ジョナサン・ジョースターの孫、ジョセフ・ジョースターが今回の主人公。
キョンの声だった。なるほど

スピードワゴンはいつのまにか石油王になっていた。
が、いきなり殺された。こういうの多いよ!
というか、石仮面が鈴なりになっていた。マジかよ。世界が滅ぶぞ

ストレイツォは、石仮面のことを知っているジョセフとエリナを殺してから、ゆっくりと世界を征服するつもりらしい。
しかし今回のジョジョはかなりの頭脳派のようだ。
こういうのって見てて爽快だよね!
ジョナサンみたいな熱血漢よりも私好み。
しかし、いきなり店に向けて機関銃フルバはどうなんだ……?

11話 ゲームの達人

訂正。スピードワゴンは死んでませんでした。
勝手に殺してしまい、本当に申し訳ありませんでした。

ジョジョとストレイツォのバトル、そして柱の男についての回。
ジョジョはけっこうあっさりストレイツォに勝ってしまった。
でも、悪役が自分の力を過信しすぎて油断して~みたいなそういう負けかたとは違う、どっちもベストを尽くしてのこの結果。
このバトルはかなり見応えがあったよ。

そして、スピードワゴンと柱の男は、ナチスドイツに収容されていた。
そうか、時代はちょうど第二次大戦がはじまるところだもんね。
これは俄然面白くなってきたよ!

12話 柱の男

ナチスドイツが柱の男を覚醒させる話。
ナチスの少佐は柱の男を「サンタナ」と名付けていた。

スピードワゴンのビビリっぷりとシュトロハイムの見下しっぷりの対比が鮮やかだった。
しかしサンタナはビビるに値するだけの超生命体だったな。
何があっても驚かないつもりではあったけど、あんな狭いところ入っちゃうとか。スライムかよ

悪役のナチスは瞬殺され、次回はジョジョとサンタナのバトルか。
いったいどうなることやら
関連記事
category
[視聴中] アニメ
ジョジョの奇妙な冒険

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/669-7a076006