夏空のペルセウス - The brave under the summer sky. 恋ルート

2012年12月発売枠から、minoriの新作「夏空のペルセウス」をチョイス。
今回のminoriは、オープニングムービーにあまり手が掛かっていない。
minoriと言えば新海誠というイメージがあったのに、どうしたことだこれは。
ひょっとして第二オープニングがフルアニメーションとか、そういうオチなんだろうか?

季節は夏。
駆け落ちするように、山間の寒村に引っ越してくる主人公と妹。
二人には「他人の痛みを自分に移す」という超能力があり、そのせいで親のいない兄妹は周囲の人間から利用されつづけていた。

なるべく人と関わりたくない。
痛いことはもう嫌だから。
そうしてたどり着いた果てで、居場所をみつけるために痛みに向きあっていく。

---

1時間半ほどの短い共通ルートを経て、まず攻略したのは実妹の遠野恋。
メインヒロインの透香のルートは、まだ解放されていない模様。

まぁ妹萌え属性を持つ私としては、何も考えずに妹を選びます。当たり前のこと。
初潮がきて「わたし、女になった」と笑みを浮かべる妹を見て、胸を高鳴らせないお兄ちゃんがどこにいるというのか。

恋の声を当てているのは、楠原ゆい。
調べてみたけど、まだ2作しか出演作のないデビューしたての声優のようだ。
喘ぎ声の演技の幅は狭いけれど、ダウナー系妹の声としては悪くない。

ただ、恋は妹のくせにおっぱいが大きすぎる。
それ以外は完璧な妹なんだけどなぁ。
妹はちっぱいが正義。なぜわからないのか。世の中間違ってる

---

  「……俺は、ここでの暮らしは悪くないと思ってる」
「痛みがないから?」
  「ああ」
「自分が矛盾していることに気づいてる?」
「他人がいることで痛みを覚える。痛みがなければ他人に優しくなれる――」
「根本的に吊り合わないのよ」
  「……支え合うことが悪いことなのか?」
「わたしたちは、"本当の意味では支え合えない"、と言っているの」
「わたしと森羅を除いてね」


3時間ほどで終わる短い妹ルートは、世界と自分とを選ぶように迫る、妹の狂おしいほどに純粋な愛の話。
「ヨスガノソラ」の穹ルートに似た雰囲気だ。
近親相姦しているのを妹が人に見せつける、ヤンデレ入ってるあたりとか。

恋の世界は、主人公だけでできていた。
他人なんていらない。どうせわかりあえないし、触れれば痛いだけ。
自分の本当の痛みを共有できるのは、実の兄しかいない。
その兄が、変わっていく。自分を置いて、どこかに行こうとしている。

「もう……これ以上、わたしたちに逃げ場はない」
「だから選んで、森羅」


恋はその身を以て主人公を繋ぎとめ、そして決断を迫る。
禁忌を犯す痛みと、自分の痛みとを天秤に掛けさせる。

  「もし俺がお前を選ばなかったら、どうするつもりなんだ……?」
「そうね、どうしよう」
「でも、森羅がいない世界なんて、わたしにはなんの価値もないし……」
「……どうしよっか」


この世界であなたとわかりあえるのは、私だけ。
そんな妹の想いを、痛みを、主人公は受け入れる。
そうして、二人だけの世界を作るべく、二人は旅立っていくのだった。

---

Hシーンになると豹変する主人公と、それをすべて受け入れる妹の構図はとてもよかったよ。
「いいからセックスさせろ」とか言い出す主人公にはわろた。
それが妹の仕組んだことだというネタバレもすばらしい。
教室でのエッチ後に、翠の前で高笑いしちゃう恋ちゃんマジかわいい。
これはとてもいい具合のヤンデレ比率でした。

恋の欠点は、おっぱいが大きすぎるのと、主人公を「お兄ちゃん」と呼ばないところ。
名前を呼びすてしてくる妹って、どこの層に需要があるんだろう。
そんなところで奇をてらわなくてもいいんだよ!

このシナリオはとても短かったなぁ。
日常シーンをだらだら引き延ばさず、新しい展開がどんどん出てくるせいで退屈しなかったけど。
おかげで、とりあえず手を付けるだけ!のつもりが、気づいたら1ルート終わってしまっていた。

しかし、翠ちゃんはとんだとばっちりだったなぁ。
台風のようにやってきて、日常を引っかき回されて、いきなり消えられてしまったわけだし。
人によってはトラウマものだろう、あれは……。
かわいそすぎるから、次は翠ちゃんを攻略しよう。いっぱい優しくしてあげよう
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
夏空のペルセウス

Comment

名前を呼んでくれる妹が誰得だって?俺得だよ!!
なかなかいないんだよね。兄さんとかお兄ちゃんとかさ……
丁寧語の妹なら兄さんでいいんだけど、やっぱ多少わがままな感じの妹には名前をよんでほしい。
恋は最高の妹キャラだぐへへへへ
  • 2014⁄04⁄01(火)
  • 16:34

なるほど、名前を呼びすてにする妹にもちゃんと需要があるんですね。
個人的には敬語妹の「兄さま」が最高なんですが。
そんなあなたに! ヨスガの穹ちゃんなんてどうでしょうか
  • 2014⁄04⁄02(水)
  • 12:51

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/663-f5f3c34d