灰羽連盟 1~3話

好きなアニメを挙げる系のスレで常連の「灰羽連盟」。
2002年放送とちょうど10年経った作品だけれど、名作は色あせない、そういうことなんじゃないだろうか?
そんなことを期待して観てみることにする。



1話 繭 空を落ちる夢 オールドホーム

「私たち、人間じゃないの?」
「私たちが何者なのかは、だれにもわからない。とりあえず“灰羽”って呼んでる」
「うちに……かえりたい……」
「灰羽はこの街から出ることはできないんだよ。それに、この世界のどこかにもしあなたの家族がいても、今のあなたを見て、あなただとは思わないと思う」
「どうして……?」
「あなたがあなたのいた世界を思い出せないように、この世界のだれもあなたのことを憶えていない。ここはそういう世界」
「なんであたしなの……? あたし、なんの取り柄もない、普通の女の子だったはずなのに……」
「どうしてだろう? 理由はだれも憶えていない」


空を落ちる夢を見ていた女の子が、繭から生まれる。
彼女はラッカと名付けられる。
繭はオールドホームと呼ばれる建物にできていて、そこには灰色の羽と光輪を持つ人たちが暮している。
ラッカにも羽が生え、灰羽の一員となる。

なんだかとても不思議な世界観だ。
ストーリーはハイ・ファンタジーなハズなのに、すごく落ち着いた雰囲気を醸し出している。

これは「生えた羽の血と脂を落としてきれいにする」「でないと染みになっちゃうから」という、レキの毛づくろいのシーンのおかげな気がするな。
普通の人間に羽が生えてしまっただけで、抱える日々の悩みなんかが私たちと同じものであることが暗示されているからだろうか。

羽・輪っかときたら、やっぱり天使なのかなぁ。
輪っかを落としちゃったり、輪っかの静電気で髪の毛がぴょんぴょんしてしまったり、愛嬌があってずいぶんと可愛らしいですけども!
というか、天使の輪っかって熱いのかよ? 知らなかった……。

2話 街と壁 トーガ 灰羽連盟

羽が生えたラッカは、みんなと街に行く。
灰羽たちは人間の使い終わったものを使って暮している。
だから服も古着しか着ることができない。
ラッカはそこでセーラー服のワンピースを選んでいた。とてもよいチョイスだ。わかってるね!

ついでに、灰羽は現金を持つこともできないらしい。
働いた分の報酬が「灰羽手帳」に貯まり、それを使うことで買い物をする。
電子マネーみたいな話だ。

その灰羽たちの生活を保障しているのが、灰羽連盟。
街と外の世界との橋渡し役のような存在のようだ。
天使が人間界と天界を繋ぐ存在とか、そういうことと関係があったりするのだろうか?

セーラー服の羽を通す穴を繕ってもらったり、光輪がきちんとくっついたりして嬉しそうにしているラッカはとてもほほえましい。
というか、服着てるのに羽はどうしてるんだよ?と思ってたら、ちゃんと羽を通す穴を開けていたんだね。
こういう設定がしっかりしているのってとっても好印象だよ!

3話 寺院 話師 パンケーキ

灰羽連盟に呼ばれたラッカは、ヒカリと一緒に寺院へ行き、灰羽手帳をもらう。
そこでは話師しか喋ることが許されていない。
これは何かの比喩なんだろうか?

その後オールドホームへ戻ったラッカは、人参嫌いな年少組の子供たちへのご褒美に、ヒカリの働いているパン屋までパンケーキを買いに行く。
あの人参は本当においしくなさそうだった。
茹でた人参をそのままごろごろって、なんかもう少し考えようよ……。

灰羽の日常に慣れていくラッカが描かれた回だった。
ヒカリは輪っかの入っていたフライパンでケーキを焼いていたらしい。
必死に輪っかを水洗いするラッカにはさすがにわろたよ。

輪っかが浮いたり光ったりするのにもちゃんと設定がありそうだな。
同じく、羽で飛べたりしないのか、私も少し気になっていた。

「ほんとに飛べたらいいのにね」
「飛べるよ!」
「え?」
「信じていればいつか必ず飛べるよ。クウはそう信じてるんだ」
「……うん、そうかもね」

関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
灰羽連盟

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/650-591374a9