THE IDOLM@STER 1~4話

いつかは観なきゃなぁと思っていたアイマスに手を付けてみることにした。
「ゆるゆり」なんかもそうだけど、こういう浸透率の高い作品を観ていないと、話題に混ざれないことがあって困るもんね。
……らきすた? ……けいおん? ……イカ娘?
…………君らはちょっとあっちの方に行っといてください。

私はモー娘にもAKBにもももくろにも興味を持ったことはないけど、ちゃんと楽しめるのかな。
曲が好みだったりしたらすごく楽しめそうだな。



第1話 これからが彼女たちのはじまり

密着取材風、13人のアイドルのタマゴの紹介。
これだけ多いと、まず顔と名前とキャラを一致させるのが大変だ。

弱小プロダクションだけど、みんなが一丸となって頑張っている風だね。
同じプロダクションに所属してるだけで、同じグループってわけじゃないのかな。
13人目は、プロデューサーをやっていた秋月律子ってことになるんだろうか。

ところで、主人公格な女の子はいないのかな。
最初に出てきた天海春香ちゃんとか? 王道って感じで、私にはかなり好印象だよ!
ギャルゲー的に言えば、ブリッ子お嬢さまな水瀬伊織とか、ミステリアスな四条貴音とか、ストイックな如月千早とかが気になるところだけれども。

第2話 “準備”をはじめた少女たち

おそろいの衣装が出来上がり、宣材写真を撮り直す話。
個性ってなんだろう?って伊織たちが悩むお話でもある。

これはひょっとして伊織回だったりするのかな。
その人に一番似合っている、その人らしさが現われている。それが個性ってこと。
伊織にとっては、すごく長い名前のぬいぐるみと一緒の自分がそれに当たるわけだね。
大きな家で一人ぼっちだった伊織と、いつも一緒にいてくれたんだから。

カメラの前でポーズを取るみんなはなかなか可愛かったよ。
美希ちゃんの慣れてる感じ、コワかったけどキューティクルだった。

第3話 すべては一歩の勇気から

山奥の村の夏祭りに営業に行く話。
萩原雪歩が男性恐怖症を克服する勇気を持ち、プロデューサーとの距離が縮まる回でもある。

雪歩の穴を掘って埋まるクセは、謎だけどちょっとわろたよ。
なんでそこいきなりアグレッシブなの?っていうね。
ド派手な衣装で「いえぇぇぇい!!」は、かなりハードル高かったと思うけど、曲のサビと合わせた演出はカッコ良かったと思うよ。
内気な女の子があそこまではっちゃけちゃうと、逆に清々しいものがあるよ。

しかし、千早、美希、貴音と並んで攻略が難しそうな雪歩をいきなり落とすとは、なかなかやりよるPだね。
実は犬は苦手じゃないのに自分も犬が苦手っていう設定を作って共感を得ていたとしたら、かなりのイケメンだ。
私はそういう作戦だってアリだと思うよ!

第4話 自分を変えるということ

ケーブルTVの料理番組に出る、如月千早、天海春香、我那覇響、四条貴音の話。
歌を歌うことにこだわる千早回でもある。

千早のキャラは「DEARDROPS」の芳谷律穂とカブってる気がするよ。
青髪ロングも一緒だし、ストイックなクールビューティなのもよく似ている。

千早は歌うためにアイドルを目指している。
……いや、目指してるか? オープニングではアイドルとかどーでもいいとか書いてあった気がしたよ

とにかく、千早にとっては歌うことは生きることとよく似たことなんだろう。
今回は「誰かのために歌うことと、誰かのために料理するのはとてもよく似ている」という貴音の言葉、そして仲間である春香たちのために、アイドルであることを受け入れたようだけれども。

まだ千早は落ちてないね。やっぱり難関キャラだ。
エンディングがやたらと寂しい感じだった。
彼女は一体何を大切にしているのだろう。なんだかとても気になるよ。
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
THE IDOLM@STER

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/620-785e560a