あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ まとめ

シナリオ・テキスト

とても個人的な感想だけれど、パープルの「未来ノスタルジア」と同じ雰囲気を感じる。
主人公とメインヒロインが超能力を持っていて、それが物語の根幹にあるのだけれど、シナリオにはそこまで深く関わってこない。
この作品も同じく、メインはラブコメ学園モノになっている。
超能力設定はスパイスのようなものだね。

設定や展開にはいろいろツッコミたくなるところもあるけれど、学園青春モノとして見れば悪くなかったように思う。
計と七凪というお気に入りヒロインが二人もいたおかげで、日常シーンが楽しかったよ。

ただ、シナリオライターのギャグセンスがあまり高くないのは悔しいところ。
テキスト的に寒い展開が多かった気がする。
青春具合もちょっとイタかったし。
まぁ楽しい学園生活を演出していると思えば、それはアリな気がしなくもない。

メタネタが多かったのは少し気になったところ。
私は滑っているとは思わないけど、あれは面白いものなんだろうか?

個別シナリオ別評価
  七凪 > 爽花 > 計 > 南

七凪ルートは、ナナギーの妹としての萌えポイントとシナリオがきちんとリンクしたお話になっていた。
オチもイタくなかったし、このシナリオだけ見れば星4つも狙えるクオリティ。

爽花ルートは、メインヒロインだけあって、ラストの展開のしかたはなかなか楽しかった。
ただ、完成度としては今ひとつか。

計ルートは、真鍋さんは可愛いのに中身が流々ルートみたいになっていたのが残念。
計ちゃんが可愛いシナリオにしてくださいよ!

南ルートは、南ちゃんの可愛さが私にはよく理解できませんでした。

オススメ攻略順
  七凪 → 南 → 計 → 爽花

七凪と南だけは最初から解放されている。
計と爽花はこの順でないと攻略できない。

キャラクター

女の子の可愛さは、ルックスも含めてかなり安定している。
私のお気に入りは、計 > 七凪 > その他 。

ナナギーの駄妹具合はとても良かったのだけれど、計の駄幼馴染っていうポジションはけっこう貴重な気がするので、真鍋さんを一番上に持ってきました。
これだけキャラの立たせられるのってすばらしい。

問題は、流々がときどきムカつく件。
個別ルートがないから必要以上に可愛くしないようにしたのだろうと思うけど、それにしても……というのが数回。
爽花ルートでの、爽花が主人公が死ぬ未来を視てしまって落ちこんでるときの、流々の「タクボンがエロいことしたに違いない」的な思い込みからみんなを煽って主人公を責めるシーンは、正直キレそうだった。クリック連打で事なきを得たけど。
私はああいう理不尽な展開は大嫌いです。



20枚*4キャラにSD10枚のボリュームは、割と普通か。
HCGがおよそ半分なので、日常シーンのCGが多めなのはちょっと嬉しいかも。

ただ、フルプライスなら5キャラはほしかったような気がするよ。
サブルートとして10枚くらいで流々ルートを作り、計ルートを書き直すことをべすとさんは望みます。

それと、立ち絵が2種類固定なのは少し残念だった。
爽花だけでも、ポーズ差分がほしかったよ。
右手を上げたポーズって、ずっと見てると違和感を覚えてきちゃうからさ。

Hシーン

基本、1シーン3CG*3回。
絵的な興奮度は悪くない。テキスト面が少しついて行けていない感じがしたよ。
テキストを工夫すれば、もっとエロくできたと思うんだ。
終わるのも突然気味だし。

けど、女の子がお気に入りなら使うのにもやぶさかではない。
ナナギーと計ちゃんはおいしかったです。ごちそうさまでした。

声優

全体的にレベルは高め。
モブも含めて下手な人がいなかったように思う。
やっぱり桐谷華が輝いていたなぁ。

音楽

可もなく不可もなく。
オープニングもエンディングも、特筆すべきことはなかったかなぁ。

システム

必要十分。
贅沢を言うなら、CGとシーン回想はヒロインごとにわけてほしいな、ってくらい。

「おまけ」でキャラクターの立ち絵で遊べるのはアルコットだけ!
これはちょっと嬉しいよね!

総評

学園青春モノを目指したキャラ萌えゲー。
ヒロインが気に入れば、きっと楽しめるはず。

基本的にアツい青春がサムいのと、ギャグがときどき滑っているのが欠点。
超能力設定やなんかには、あんまりツッコんじゃいけないんだと思います。
そこまでストーリーに関係してこないしね。

今作は、「リアル妹がいる大泉くんのばあい」「キッキングホース★ラプソディ」「春季限定ポコ・ア・ポコ!」というミドルプライスなハニカム文庫三部作を経た、ハニカム新書としての位置付けの様子。
前作「1/2 summer」は本当にひどい出来だったけれど、ブランドが同じなだけで制作陣はまったく違うようなので、その点はあまり心配しなくてもよいと思います。
これでフルプライスはやや割高な気もしなくもないと思うけれど、ハニカム新書第二弾が出ればきっとやってしまうよ。
でも、私としてはミドルプライスの文庫のほうがいいけどな。

評価は、あと一歩が足りない★2個を付けます。
全編七凪ルートくらいのクオリティがあればなぁ……。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
あえて無視するキミとの未来

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/618-a163d881