あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ 計ルート

略称が定まらない「あえて無視するキミとの未来」、強いて言えば「あえ無視」とかか?
こういうのって困るよね。公式のほうで決めておいてほしいよ。

3キャラ目に攻略したのは、ハイテンションな幼馴染ーズ1号、オナニーガールこと真鍋計ちゃん。
夫婦漫才の相方でもあり、ナナギーと並んで日常シーンを楽しく演出してくれるギャグ要員。
普段はまったく女を感じさせないのに、出るとこは出ているナイスバディな女の子でもある。

真鍋さんの声を当てているのは、私の中で気になる度No.1、桐谷華。
「穢翼のユースティア」のラヴィリア、「1/2 summer」の詩代叶、「はつゆきさくら」のあずま夜の中の人。七凪が二代目を襲名した初代駄妹こと「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の野々宮藍の声優さんでもある。
トボけたような声と独特のセリフ回しがとても魅力的。
けれど、ずっとこの人の演技ばかり聞いていると、飽きてしまいそうな気がしなくもない。
まきいづみと似たようなポジションかもしれない。

---

計ルートは、幼馴染ーズ結成秘話と、サブキャラ田中流々にスポットが当たる。
主人公のファーストキスを奪った流々が主人公にちょっかいをかけることで、幼馴染みの枠を超えたくてやきもきしちゃう計ちゃんがぐうかわ。
河川敷での「もし彼氏ができたら、あたしから教えなくても知ってほしい」「鈍い沢渡さんでもわかるくらい、わかりやすい状況を真鍋さんは望みます」のくだりは、きゃわわ!だった。

しかし、計は10年前からずっと主人公が好きだったんだね。
流々に嫉妬している自分に気づいて、それで主人公への恋心を自覚したのかと思っていたのに。
共通ルートで、主人公と手を繋いでもドキドキしない、主人公なんて男として見られない、なくだりのせいで、まったく脈無しかと思っていたよ。
あれも小芝居の一貫だったのだろうか。

計ちゃんが殺人的な可愛さを発揮する本シナリオだけれど、肝心のストーリーに関してはびみょーだったかも。
10年前の流々の突然の転校が再現されるのはわかっていたけれど、それは流々ルートでやるべき内容だっただろう。
たしかに「いい幼馴染みだなぁ、本当に親友なんだなぁ」とは思ったけど、計に萌えるお話ではなかったよね。

ラストの電車を自転車で追いかけるアレ、またベタな展開が来てしまったなぁと思ったよ。
現実、あんなにうまくいくわけないんだ。3分は会話してたし。
あれの元ネタって、ひょっとして「はだしのゲン」とかだったりするのか?

個人的には、沢渡さんを優しく受け止めてくれる大海のような真鍋さんの、弱い一面が見たかったなぁ。
計が挫折しかかって、昔とは逆に今度は主人公が計を支えてあげるような、そんなお話がさ。
……なるほど、それがオナガ展開か。
くそ、結局オチをつけないと気が済まないんですねこの野郎

まぁ何はともあれ、計のキャラはとてもよかったよ。
共通や他のヒロインルートでも出番が楽しみになるキャラってすばらしい。
しかし今回も、積極的に未来を変えたり(爽花と付き合う未来以外)無視はしなかった。
せっかく超能力を持っているのだから、もっとシナリオに組み込んできたらいいのに、と思うよ。

さて、次はラストのメインヒロイン、三咲爽花ちゃんを攻略します。
キミとの未来を無視しないお話、どんな展開になるのやら。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
あえて無視するキミとの未来

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/616-ccb89921