はつゆきさくら まとめ

シナリオ

初雪から桜までの、冬の物語。

物語の根幹の設定が、いまいちピンとこない。
「ゴースト」とか「精霊」とか、そういうものが普通にある世界なようで、そうでないようで……?
私になくて、登場人物全員が持っている共感覚性とも言うべき何かのせいで、うまく世界観にハマれなかったよ。
そもそもバニッシュとはなんだったんだよ?

そして、どうにもキャラが生きているというリアリティが薄い。
廃ホテルで何年も暮しているって、そもそもインフラはどうなっているのかとか気になるし、結局玉樹が住んでる場所もよくわからず終いだったし。
だいたい、雪降りまくりのくせにみんな服装が寒そうなんだよ!

その現実感が薄い物語の中で、背景画像の枚数があまり多くなかったのは致命的。
背景画像がないシーンも結構あって、その場合は背景白とか黒とかで済まされちゃうけれど、その場面をうまく想像できないっていうね。
第一、主人公自宅の背景であるところの廃ホテル、あそこでどうやって生活しているのかまったく想像できないもの。

そして、これを言ったら元も子もない感じではあるけれど、ご都合主義が鼻につく。
例えば、細かい所だけれど、希が進路指導委員長として人望を得るくだりとか。
あんなので感謝されるなんて、なんて甘っちょろい世界なんだ。
あとはバレンタイン祭とか。なにあれ

あと気になったのは、「感動」「読後感のよさ」ばかりを重視して、設定をねじ曲げているように感じるあたり。
初雪が死んだのか死んでないのかなんだかよくわからないエンドが多かったように思うよ。
結局トゥルーの桜も死んだけど、ゴーストとしてちゃんといる!みたいな曖昧な感じだし。
それと、ランは顔にひどいケガをしてるんじゃなかったのかよ?
どうしてオーラスにきれいな一枚絵が出てきちゃうんだよ?
ランの出番はタイトルバック後のタイトルコールだけでよかったんだよ!

オススメ攻略順
綾 → 夜 → シロクマ → 希 → 桜

章毎に振られた番号は、この攻略順になっている。
この通りにやるのが無難なんじゃないでしょうか。

ただ、振り返ってもシロクマの存在意義がよくわからない。
他ルートでもそんなにシロクマは絡んでこなかったし。サブキャラ扱いなのか

テキスト

主人公の初雪のキャラクターが受け付けられるかどうかで、評価は二分されるような気がする。
DQN寄りのオラオラ系は、ヒロインにも遠慮なしにセクハラまがいの暴言を吐けるという意味では面白かったけれど、綾先輩が見透かしていたような痛さも垣間見える。
私には痛さがちょっと鼻について、そこまでハマりきれなかったかもしれない。

ただ、主人公のキャラを立たせるという意味では間違いなく成功していた。
ツッコミ風ボケキャラ主人公って、グリザイアの風見雄二に似ている気がするよ。

シナリオライターのギャグセンスも相まって、ギャグシーンはなかなか面白いことになっていた。
私がこのゲームを手に取ったのは、テキストが「恋愛0キロメートル」を超えるという噂を聞いたため。
私見では、超えはしなかったけれど、それでもかなりいい勝負をしていたようには思う。

女の子のツッコミが、女の子のキャラではなくシナリオライターのギャグセンスそのものなのが垣間見えたのは、やや残念だった。

キャラクター
 夜 > 綾 > 桜 = 希 > シロクマ

メアちゃんも合わせて、やっぱり夜が一番かわいい。
綾先輩は、桜ルートのバッドエンドを含めると、この順位。
愚かな一途さっていう雰囲気がよかったね。
あとの三人はテキストが面白かった順で。

絵・CG

枚数は多いけれど、クオリティは微妙。
そもそも絵があんまり上手くないよ。竹田とか何か違和感を覚えるからね。
せっかくここまでお金を掛けたゲームなんだから、もっと絵が上手い人を使えばよかったのに?

それと、主人公があれで不良って、相当無理があるように思う。
絶対に久保のことを女男とか言えないからね

髪型が変わるのも含めて、立ち絵の差分が多めなのはちょっと贅沢に感じた。
ところどころ小さめのカットインなCGが入るのは、チビキャラにしちゃえばよかったんじゃないかなぁと思いました。

Hシーン

唐突に終わる。なにあれ

使えるかどうかはびみょーなところかも。
がんばれば使えるはず! 私は疲れちゃったから頑張らなかったけど。

声優

「去れよゴースト、バニッシュだ」(棒読み

ときどきものすごく下手な声優がいた。
そうだね、コノハサクヤと東雲妻だね。
プロローグのサクヤのバニッシュのせいで、以後バニッシュが出るたびに笑えてきてしまった。ほんと勘弁して

メインヒロインに関しては文句なし。
夜役の桐谷華、希役の杏子御津、桜役の清水愛は輝いていたよ。
この三人は素晴らしかった。

システム

必要十分。
これだけあれば何も文句を付けるところはないね。

総評

キャラゲー・ギャグゲーとしての面から見れば、かなり面白いゲームだと思う。
これはシナリオライターのセンスのたまもの。

けれど、ゲーム自体がシナリオゲー志向であり、そのシナリオ自体の完成度はかなり貧弱。
そのせいで、どうにも楽しみきれなかった。
これは本当に18禁なのか? 中学生向けな気がするんだけど。

一般向けギャルゲーという枠組みの中にある作品なだけあって、初雪の復讐が完遂されてハッピーエンドになるはずがないというのもわかりきっていたしね。
これが例えば、初雪なり桜なりが街を滅ぼしたあとにハッピーエンドを迎えたりしたら、また評価は変わってきたのだろうけれど。

まぁ一応話題作なのでプレイしておきました。
そこまでボリュームが大きくなかったので時間の無駄とまでは言わないまでも、有意義な時間を過ごせたとまでは言えないかな。
凡作★2評価です。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
はつゆきさくら

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/613-93375eb4