ヨルムンガンド PERFECT ORDER 18、19話

18話 嘘の城 phase.2

対SR班ラスト。
勝てないことがわかっていながら戦いを挑んできたのは、戦うことが目的だったからだという。
班長の日野木は、班員を裏切ったのではない。望みを叶えてやったのだと。

話の筋はともかく、うみほたるからのカーチェイスのアクションシーンはなかなか盛り上がった。
あの距離でサブマシンガンを連射して、肩に2発しか当てられないAIMはマジでヤバいと思うけど。

オチの、たったひとつの真実は悪くなかった。
色黒のおにゃのこも可愛いと思いますよ!

19話 Pazuzu

ワイリの武勇伝の回。
爆弾のエキスパートを志す過去回想と、質が悪く解任した護衛に逆恨みされたココたちを撃退する。

エピソード自体は盛りすぎかとも思ったけど、とりあえずテンションは上がるよね!
スナイピングは普通にカッコよかった。4話のヘッショには劣るけども。

しかしやはり全体ギャグの寒いアニメだよなぁ。
もう少しなんとかならないのだろうか。
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
ヨルムンガンド

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/607-be1f5565