ジェイルブレイク その1

抜きゲーとして選んだ1本、ジェイルブレイク。
はるうられと同じく、女の子を監禁・陵辱するゲーム。

こちらはミニゲームなどなく、ただの紙芝居。
主人公は女の子で、選択肢によって女の子の精神状態が変動し、それによってエンドが変わってくるようだ。

こういう内容は、あまり商業作品として出てくることはないような気がする。
同人作品にはいろいろあると思うが、やはりクオリティの面で当たり外れがあるので、商業作品だと安心できる。
絵は結構可愛く描けていると思う、無駄におっぱいが大きすぎる気はするけれども。
声優はやや微妙だが、マイナスではない。

---

肝心の内容だが、特に語ることはない。
現在、笹森母娘も健在エンドと新たな檻の中へエンドを回収済み。

私は女の子が堕ちてゆく展開や、肉便器・性奴隷的な展開が大好きなクズ人間なので、抜きゲーとしては申し分ない。
最初は気丈なヒロインが自分でも気付かないうちに肉便器に適応してゆく展開とか、もう大変。
すぐ抜いてしまうので、だいぶ長く楽しめる作品になっています。
問題は、賢者タイムの反動が結構きついところかな…。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
ジェイルブレイク

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/60-addfd55c