イヴの時間 1~3話

未来、たぶん日本。
”ロボット”が実用化されて久しく、
”人間型ロボット”が実用化されて間もない時代。


ネット配信からはじまり、一時期話題になったというアニメ「イヴの時間」を紹介された。
どう話題になったのかはよくわからなかったけれど、全6話と短いのでさっくり観てみよう。

act01 : AKIKO -イヴの時間-

自分ちのアンドロイドが妙なところに寄り道をしていることに気づいた主人公のリクオが、友人のマサキと一緒に喫茶店「イヴの時間」に行く話。

「ここなら誰とでもお話できるでしょう? いろんな事わかるじゃない?」
「相手の気持ち、かな?」
「私は人間もアンドロイドもみんな家族だって思ってるのよ。でもね、どんなに私と見た目がそっくりでも中身はぜんぜん違う」
「だからね、よくこう思うの。あなたは私をどう思ってるの?って」
「いろいろ話して、もっとわかってあげたいの」


そう言う少女、アキコ。
けれどそんな彼女も、実はアンドロイドだった。

アンドロイドは人間になろうとしてるんじゃない、なぜか似ている存在である人間を理解したいだけ。
でもあそこまで見た目が一緒だったら、依存してしまうのもわかるよ。
私とか一発でドリ系になるタイプだと思うな!

act02 : SAMMY -イヴの仲間-

イヴの時間で、自分ちのアンドロイド・サミーに会う主人公リクオの話。

マサキは「あの店には絶対秘密がある!」的なことを言っていた。
店でコーヒーを飲むと自我が芽生えるとか、そういうことを言っているんだろうか。

リクオに見つかってしまったサミーはどんな気持ちだったんだろう。
そもそもアンドロイドの「気持ち」とはなんだ?
イヴの時間にいるアキコは普通の女の子にしか見えなかったけど……。

act03 : KOJI&RINA -イヴの恋人-

イヴの時間によくいるカップル、コージとリナの話。

ぱっと見ドリ系の人間の男がアンドロイドを連れているように見えるカップルだったけど、実は両方アンドロイドでした、というオチ。
アンドロイドも隠し事をする。そうして付き合う間柄は、まるで普通の恋愛のように見える。
自分を相手によく見られたい。愛されたい。
そう思う気持ちは、人間でもロボットでも変わらないのかもしれない。

マサキはアンドロイドに親でも殺されたんだろうか? やたらとつっかかっていたけど。
しかし話が弾んでいる様子はすごかったね。私まで気まずくなってしまったよ!
関連記事
category
アニメ [★☆☆☆☆]
イヴの時間

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/576-72f3d080