ヨルムンガンド PERFECT ORDER 総集編+13、14話

1クールの充電期間を経て、ここからは2クール目。
溜まると観るのが面倒になってしまいそうなので、小まめに消化していこうかと思い立った。
これが続けばよいのだけどね……。

第一期総集編

12.5話とも言えるこの回は、ショコラーデが語る1期のおさらい。
Fate/Zeroでもこんなのあったね。
とくに目新しい内容はナシ。

13話 天を仰ぐ蛇

バルメを師の仇と恨むカレンは、マイアミこと天田南博士に拾われ、秘書として仕えていた。
そのマイアミは、ココと組んで何かをしようとしている模様。

一方で、オペレーション・アンダーシャフトとやらが、ココへと忍び寄る。
どうやら、ココを男で釣って、持っているコネなんかをCIAのものにしちゃおう!的な計画らしい。
本当かよ? 私の聞き間違いじゃないのでしょうか。

そのCIAもどうやら一枚岩ではないらしく。
1期ラストの殺し屋を雇ったのは、CIAのなかでココに恨みを持つオフィサーだったらしい。
これがまた頭がイカれてそうな女だった。
このアニメには本当にマトモな女が出てこないなぁ。

14話 Dance with Undershaft phase.1

絡み合うアールとココとヘックスの過去のお話。

アールはCIAのブックマンのスパイなんだね。
今はブックマンの右腕として、オペレーション・アンダーシャフトを成功させるためにココに近づいている。
え、ココを籠絡するのってアールなの?
ココに恨みを持つヘックスは、ココが大切にしているヨナを、ココの代わりに殺すことに決めたようだ。

過去回想の戦闘シーンはとてもよかった。
見てたらFPSがやりたくなってしまったよ!
それ以外はちょっと退屈だったかもしれないな。
最近ヨナの存在感も薄いしね。
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
ヨルムンガンド

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/552-f092005d