古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~ 開始

ループものの名作であり、かつ変わったプレイシステムを搭載した超難易度だというゲーム、「古色迷宮輪舞曲」をはじめてみる。
ちなみにずっと「こしきめいきゅうろんど」だと思っていたけど、正しくは「ふるいろめいきゅうろんど」らしい。
紅茶の淹れかたをミスると死ぬゲームとはこれのこと。

主人公が喫茶店でバイトをはじめると、宅配便で箱詰めの少女が送られてきて、そのメルヘン的生物に「一週間後にお前は死ぬ。死にたくなければ狂った運命の輪を元に戻せ」というようなことを言われる。
主人公は様々な事象を手がかりに、運命を変えようと奮闘する。
といったようなお話。

選択肢は存在せず、文章から入手できるTipsをキーワードとして登場人物に投げかけることができる。
そのキーワードによってキャラの反応や先の展開が変わってくる。
しかしそのキーワードは300個近くもある。超難易度。

しかも、まずルートBで特定のキーワードを入手しないと、ルートAが詰んだりする。
そうだね、「起こす」のことだね。
さらにルートBも、ルートAをクリアしてからじゃないと詰む。
2回も詰んだときには、割と本気でクソゲーかと思ったよ。

けれど、いきなり鏡の中に引きずり込まれたり、リアルに影に襲われたり、ドキドキな展開が多くて、進めているうちに楽しくなってきた。
一番燃(萌)えたのは、7日目に日付が変わった瞬間に和奏が瀕死で電話を掛けてくるデッドエンド。
影と対峙するものだと構えていた矢先のこれは、意表を突かれまくってヤバかった。

---

現在は、はじめて7月6日までたどり着き、記憶を持って6月30日まで戻ったところまで進んだ。
プレイ時間は10時間程度で、フロー完成率49%。

どの影の正体も美月で間違いないのかな。神出鬼没なのが謎だけど。
彼女は美星が自殺する運命を変えるために、この1週間の狂った運命を壊そうとしている。
美星が自殺を決意するのは、少なくとも3年、すなわち150週以上前のこと。
だから美月は150回以上のループから、狂った輪の中の運命量を吸い続け、美星の運命を変えようとしていた。
けれど、それでは出来なさそうだったから、白いサキと赤いサキを出会わせ、タイムパラドックスを起こしてしまおうとした。

現状の理解はこんなところなんだけれど、合っているのかな。
ちなみに三月ウサギの「三月」が「みつき」なのは、割と早い段階で気付いてしまっていました。

サキが二人に分かれるところの説明は、いまいちピンとこなかった。
男爵の首がもげる(サキを起こしに行く)イベントが発生したときのサキは赤いサキになるってことなのかな。
このイベント、起こるパターンと起こらないパターンが存在するのに、いつでももげているパターンで話が進むのは、このせいなのか。おかしいなと思ってはいたんだよね。

さて、サキはリアルに消えてしまった様子なんだけれど、これからどうなるんだろうか。
「絶対にお前を見つける!」とか主人公は息巻いていたけれど、果たして。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
古色迷宮輪舞曲

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/549-68ce34c6