妹びらいざー 泉美ルート+まとめ

なんとなく惰性でラストの七瀬泉美ちゃんも攻略。
公式では「残念系」と分類されているけれど、このレベルで残念とは片腹痛い。
「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の実妹、野々宮藍ちゃんくらいの残念度を達成してから宣言してほしい。

泉美の声を当てているのは御苑生メイ。
最近この人にはよくお世話になっているような気がする。
ユーフォリアの菜月先生とか、プリーズ・レイプ・ミー!の人妻のアノ人とか、そして美少女万華鏡の沢渡雫ちゃんとか。
まったり大人しいジャンルの萌え声だと思います。

泉美ルートは、やたらとアプローチをしかけてくる泉美姉ちゃんに誘われ、エッチしたり付き合ったりするお話。
そう、初めてマトモにヒロインと恋人になったような気がするよ。
エッチシーンはやたらと軟体とレオタード推しだった。
レオタードにはあまり興味はないけど、アクロバティックな体位はなかなかいいよ!
ブリッジしてる女の子にあれこれしちゃうとかね!

以下まとめ。

--- シナリオ ---

なし。奇跡の短さ。
個別に入ってからはエッチシーンの詰め合わせ。
大した中身もないくせにぐだぐだと続くモノローグはちょっとだるかった。

--- キャラクター・CG ---

咲姫 > その他

このゲームにおいては、シナリオがキャラ萌えとかそういう段階にすら達していないので、絵がすべてと言ってもよいくらい。
あとはエッチのシチュ萌えくらいか。
私は妹属性があるので、ここは妹の咲姫ちゃんを推しておきます。
絵的な可愛さでは、どの子もなかなかだったと思います。

CGの使い方はかなり贅沢。
というか、もったいないと思うレベル。
これで一枚使っちゃうのかよ!とか、これは差分作ってもう一回Hシーンにできるだろ!とか、そういう感想を抱いてしまいました。

あと、主人公がマジメ系クズ。

--- Hシーン ---

女の子のトロ顔がかわいい。
淫語もちょこちょこ。「おちんぽみるく」くらいはどの子も言ってくれたような気がする。
けど、語彙が少なかったのはちょっと残念。

ときどき鬼のように短いシーンがあったりする。
あれで抜くのは不可能なレベル。

私は、咲姫や唯ルートのときみたいな「ラブラブなセフレ」っていうレアな位置付けに割と萌える人なので、そういう意味ではなかなかよかったです。

--- その他 ---

声優
湖役、御子神猫だけはビミョー。
それ以外は特に気になりませんでした。

音楽
オープニングも単調なスライドショー、と同じ素材の使い回し。
見ただけで手抜き具合がわかるって、なかなかのクオリティの低さだよ。
BGMはほとんど印象に残っていない。
あと、なぜかエンドロールが流れずに唐突に終わる。

システム
次のページに行くと台詞がとまる。なんでだよ。
それ以外は、まぁこんなもんか、っていう感じかな。

--- 評価 ---

このゲームは未完成です。
ゲームとしてのクオリティはかなりの低さ。
オープニングと公式HPを見ただけでわかる。
最低限のHシーンだけはあるから、抜きゲーとしてはギリギリ及第点かなって感じ。

ただ、どうせフルプライスで売り出すんだから、もっとちゃんとしたものにしてほしかった。
なんだよ主人公が阿修羅って。

まぁでもボリュームはものすごく少ないから、私の精神的被害も少ない。
おまけで★1コつけておきましょう。
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
妹びらいざー

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/547-ee0d86d4