BackStage 沙織ルート

「BackStage」沙織ルート終了。
結局最後まで、この子がなんて言って髪を切ってもらっているのかよくわかりませんでした。
グリードアイランド編、ハサミ男に襲われた直後のビスケたんみたい。
結うとき、長い部分と短い部分を選りわけるのが大変そう。

さて、そんな水鏡沙織ちゃん。
担当声優は、藤堂みさきこと真宮ゆず。これも結構マイナー声優。
元気系アホの子な声は、なかなかよかったと思います。

沙織ルートは、うまく役柄にのめり込めない悩みであったりとか、役者バカな主人公が他の女の子とラブシーンをこなすのを見てヤキモキするとか、そんなお話。
おそらく、水鏡姉妹を書いているほうのシナリオライター「はね」が、舞台の経験があるんじゃないかな。
割と舞台役者としての悩みなんかが前面に出てきたシナリオだったように思う。

役者は、舞台の上では親が危篤でも笑顔で演技をしなければいけない。それがプロというものらしい。
だからカノジョがいても他の女の子とキスすることもできる。
けれど、沙織にはどうやっても割り切ることはできなかった。
それが彼女の役者としての限界であり、人間としての情の深みでもある。
沙織ルートはこんなお話かなぁ。

シナリオライター別という視点でみたときのテキスト的な面白さは、沙織の場合は元が強いキャラなので、おるごぅると比べてもそこまで遜色はなかった。
強いて言うなら、アリスルートのときの沙織みたく、もっと強引ゆーわくキャラにしたらよかったのになぁと思った。
星のおまもりのエピソードはとってもにやにやできていいものだったけどね。

しかし、エッチシーンとなると二枚落ちくらいになってしまっている。
せっかく沙織をマゾキャラにしたのだから、もっと深められたし練られたと思う。
メスブタのくだりまではまぁまぁかなと思ったのだけれどね。

あと、通常イベント時の一枚絵の使い方がビミョーすぎる気がする。
唯一評価できるのは、お見舞い時のばたんきゅ~だけ。それ以外は無駄遣い。
もっと一枚絵が映えるシーンを考えるべきだったと思うよ。例えば、お買い物行っていろんな服着せてみるとかさ。

結論から言うと、やや消化ルートになってしまっていたかもしれない。
先輩ルートはかなり楽しみにしているので、ぜひとも期待を裏切らないようにしていただきたい。
よろしくお願いします。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
BackStage

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/536-f368b981