BackStage 安美ルート

埋もれた名作枠で発掘してきたゲーム、「BackStage」を始めてみた。
……他にやるゲームあるだろ、って? おっしゃるとおりでございます。

手をつけた理由の大半は、シナリオ担当に「リアル妹がいる大泉くんのばあい」や「死神の接吻は別離の味」を書いたおるごぅるがいること。
この人のテキストはマジで笑えることが多いのですよ。

芸能界を目指す主人公が、バックセットというグループで演劇をやる話。
演劇のお話はあまり読んだ記憶がない。強いて言えば「彼女たちの流儀」くらい?
ヒロインはその演劇グループの関係者。
まず攻略したのは、ストリートダンサーの久瀬安美ちゃんから。

---

安美の声を当てているのは、中島れおなという人。うん、知らない。
調べたところ、出演作が3本しかない、ものすごくマイナーな声優だったようだ。
演技は下の上。エッチシーンの喘ぎ声がなんだか慣れてない風でいまいちだったなぁ。

安美ルートは、骨格としては「自分の夢と親の希望のどちらを優先するか」というようなところ。
ダンスは大好きだけど、それだけで食っていけるほど甘くはないことを知っているし、大家族の長女でもあるらしく、親は早く身を固めてほしいと思っている。
劇団に真剣に打ち込み、それで大きな役がもらえたら、自分の夢をもっと追いかけようと決意する。
けれどその役は、主人公と争うことになってしまった、というようなお話。

まぁシナリオそのものは、大したことはない。
年上のお姉さんという安美の属性にも、正直大して期待していなかった。

ところがどっこい、これはシナリオライターの面目躍如というところか、ニヤニヤが止まらないルートになってしまっていた。
もともとチビ巨乳という属性もあり、演劇という背景を利用して、妹になりきらせてエッチしてしまうところとか、マジでやばかった。
さらに、年上ということでS属性を付与し、主人公をMにしておいて、年上なのに見た目ロリな巨乳に責められまくるという、カオスな官能の世界が広がっていた。
これを見せられると、最後に攻略しようと思っていた水鏡京香にめちゃめちゃ期待してしまうよ!?

しかし、残念なことに絵はあまり上手ではないかもしれない。
というか、安美のルックスがあまり好きではなかった。(ただし妹エッチは除く)
絵がねー、もっとよければねー、よかったんだけどねー。そこだけ悔しいです。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
BackStage

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/531-21586739