氷菓 1~3話

えるたそ~と京アニが気になって観始めました、氷菓。
タイトル的になんとなく夏モノっぽいけど、秋からでも大丈夫かな?
そのあたりだけ、すこし心配。

---

1話 伝統ある古典部の再生

やれやれ系主人公を地で行く主人公、折木奉太郎が、古典部で千反田えると出会う話。
えるが地学準備室に閉じ込められていた不思議と、音楽室の不思議を解いた。

なんか全体的に鼻につく主人公だったなぁ。
親友ポジの福部里志もだけど、あいつらとても高校1年生とは思えない言葉遣いをする。

調べてみると、このアニメは原作が推理小説なのだね。
紙で読むぶんには構わないけど、音で「すいじん」って言われて「粋人」がすぐ出てくる人が、いったいどのくらいいるのやら。
まぁ、現役高校生にとってはああいうスタンスはなかなか憧れるのかもしれないなぁ。

それにしても、えるはなかなかどうして可愛い。
そして京アニなだけあって、とてもきれいなアニメーションだ。
なんだかずいぶん透明感のあふれる、キラキラした雰囲気になっているね。
奉太郎がえるに無意識に惹かれている様子が、髪の毛が絡みつく演出になっていたのも結構好きかも。

2話 名誉ある古典部の活動

秋の文化祭に文集を出展しようというえると、伊原摩耶花の登場。
解いた謎は、毎週金曜日に半日だけ貸出される学校史。
シンナーの臭いだけで、油絵の授業のモチーフに使われていたって気づいてしまうのはすごいな。

摩耶花は里志のことが好きらしいな。
こんな登場のしかたをするヒロインって、なんだかとても珍しい気がする。

奉太郎の省エネだの可処分熱量だの、やっぱり鼻につくよ。
せっかくの高校生活なんだから、もっといろんなことをしたらいいのに、と思ってしまうのは、私の若さへの嫉妬なんでしょうか。

3話 事情ある古典部の末裔

千反田えるの「一身上の都合」とそれに協力する折木奉太郎、そして古典部文集「氷菓」のバックナンバー探しの話。

えるは行方不明になった叔父に関する記憶を探していた。
それは古典部にまつわることのはずで、だから彼女は古典部に入ったのだった。
さて、いつのまに摩耶花は古典部に入っていたんだろう。まったく気づかなかった。

そのバックナンバーは、今は壁新聞部の部室となっている、生物準備室にあるとのこと。
しかし、壁新聞部の三年の先輩が、なんだかアヤシイ。
今回の謎解きは、それ。

赤外線センサーをつけてまで、煙草を吸いたいものかね。
そうだとしたって、煙草やライターを金庫に隠すのはやりすぎじゃないでしょうか。
というか、出せないじゃない!

全ては主観性を失って、歴史的遠近法の彼方で古典になっていく。
いつの日か、現在の私たちも、未来の誰かの古典になるのだろう。

関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
氷菓

Comment

Trackback

http://otabes.blog.fc2.com/tb.php/528-d21f86e4